ホーム > まちづくり・産業 > 都市計画 > 景観 > 令和2年度第10回大村市景観賞および景観写真コンクール入賞作品が決定しました

ここから本文です。

更新日:2021年4月15日

令和2年度第10回大村市景観賞および景観写真コンクール入賞作品が決定しました

令和2年12月26日から令和3年2月26日に募集しました。第10回大村市景観賞および令和2年度大村市景観写真コンクールに、11件の推薦(景観賞)、49点の応募(写真コンクール)がありました。たくさんのご応募ありがとうございました。

選考の結果、次のとおり決定しました。今回、応募いただいた作品は、大村市の魅力を発信する広報活動などに活用させていただきます。

なお、受賞作品につきましては、4月12日から16日に中地区公民館ロビー、4月19日から23日に郡地区コミュニティセンターで、展示します。

景観賞受賞作品

たてもの部門「ミライon図書館」

【選考理由】

建物を低層で湾曲した形状とすることで、まちなみとの調和を図り、多様な植栽が施された広場と一体となって、まちなかにうるおいのある空間を創出するなど、優れた独創性によりシンボリックな建物として、新たな景観の創造に貢献している点が評価され選考しました。

まちなみ部門「池田沖田線小路口工区」

【選考理由】

新大村駅につながる新しい市の顔となる道を、電線類を地中化し、自転車専用道路を備えた、高規格の道路として整備されたことにより、ゆとりを感じる広々とした景観を形成しています。
これから、新しいまちなみの基盤として、市民に親しまれるような、まちなみ景観を創出していくべき通りであるため選考しました。

かんばん部門「十八親和銀行」

【選考理由】

建物の外観と調和を図り、通常の配色を逆転しコーポレートカラーの雲仙つつじピンクをアクセント色として用いることで、すっきりとしたデザインとなり、本市の景観に配慮した未来志向の看板となっている点が評価され選考しました。

景観写真コンクール受賞作品

【最優秀賞】外田優さまの作品『円融寺』

【優秀賞】福嶋良治さまの作品『清正公御堂』

【優秀賞】北野育恵さまの作品『玖島の五色塀』

入選

新納美香さまの作品『陰平町田久保バス停付近の田んぼ道』

岩尾美咲さまの作品『沖田町(郡中付近)』

鶴田泰然さまの作品『ミライon』

渕俊悦さまの作品『竜神島(玖島崎)』

hashiguchihirofumiさまの作品『大村市上空』

野口久美子さまの作品『大村市野岳町』

田原建一さまの作品『天正夢広場』

栗田敦さまの作品『ガラスの砂浜』

令和2年度第10回大村市景観賞および景観写真コンクール表彰式を開催しました

令和3年3月22日に大村市コミュニティセンターにて、令和2年度第10回大村市景観賞および景観写真コンクール表彰式を開催し、入賞者を表彰いたしました。今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、規模を縮小しての開催となりました。

表彰式の様子

よくある質問

お問い合わせ

都市整備部都市計画課景観開発指導グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 第2別館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:433)

ファクス番号:0957-54-9595