ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 手当 > 子育て世帯への臨時特別給付金

ここから本文です。

更新日:2022年1月19日

子育て世帯への臨時特別給付金

子育て世帯への臨時特別給付金について

「子育て世帯への臨時特別給付金」は、国が決定した「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」に基づき、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、その影響により苦しんでいる子育て世帯を支援するために10万円の臨時特別の給付金を支給するものです。

支給要件

支給対象者

  • 基準日(令和3年9月30日)時点で大村市に住民票があり、高校3年生に相当する年齢までの児童を養育する人
  • 令和3年10月1日から令和4年3月31日までの間に生まれた児童を養育しており、児童手当を受給している(また請求手続きを行っている)人で、申請時点で大村市に住民票がある人

所得制限について

児童手当の受給者で特例給付(児童1人につき5,000円)を受給している人は、支給対象となりません。

また、高校生に相当する年齢の児童のみを養育する人についても、児童手当制度と同様の所得制限があります。主たる養育者の所得が所得制限限度額以上である場合は支給対象となりません。

所得制限限度額表

扶養親族などの数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622万円 833.3万円
1人 660万円 875.6万円
2人 698万円 917.8万円
3人 736万円 960.0万円
4人 774万円 1002.1万円
5人 812万円 1042.1万円

 

 

 

 

 

 

 

「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

(注意)

  • 所得税法に規定する老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる人の限度額(所得額ベース)は、所得制限限度額に、当該老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。
  • 扶養親族数の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族などが老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

支給額

対象児童1人あたり一律10万円(一括支給)

支給手続き

支給対象者の区分により、申請が不要である人と申請が必要な人に分かれます。

申請手続きが不要な人

次に該当する人は、申請手続きは不要です。

  • 大村市から児童手当を受給している人
  • 児童手当の受給者ではないが、児童扶養手当または令和3年度低所得の子育て世帯に対する生活支援特別給付金を受給している人
振込日

令和3年12月24日(金曜日)に振り込みました。

高校生に相当する年齢の児童の分についても、児童手当の支給対象となっている児童(弟・妹)がいれば、合わせて支給しています。

(注記)令和3年10月1日から令和4年3月31日までの間に生まれた児童を養育している人については、この限りではありません。詳細については、後日このページを更新してお知らせします。

申請手続きが必要な人

次に該当する人は、申請手続きが必要です。

  • 公務員
  • 高校生に相当する年齢の児童のみを養育している人のうち、「申請手続きが不要な人」の要件に該当しない人
申請方法

申請書に必要事項を記入し、次の添付書類を添付して下記の提出先へ提出してください。

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付申請書(高校生・公務員等)(EXCEL:46KB)

【必要書類】

  1. 申請者の本人確認書類の写し(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)参考:本人確認書類
  2. 申請者名義の通帳またはキャッシュカードの写し
  3. 本籍地が記載された児童の住民票(児童の住民票が大村市外にある場合)
  4. 公務員で児童手当を受給している人は、令和3年9月分の児童手当(特例給付を除く)を受給していることが分かる書類(支払通知書、受給台帳または各所属長が発行する証明書等)

参考:「児童手当を受給していることが分かる証明書の書式(PDF:60KB)」(同様の内容であれば、任意の様式で構いません)

注意:申請者は児童を監護している父母のうち、令和2年中の所得が高い人が該当します。

【申請期間】令和4年1月17日(月曜日)から令和4年3月15日(火曜日)まで

申請手続きが必要な人には、1月17日に申請のご案内の文書を送付する予定です。

(早期に広く周知するために、対象となる年齢の児童と同居し、まだ、この給付金を受給していない世帯を対象として、案内文書を送付しますので、所得制限により受給できない人にも案内文書が届く場合があります)

令和3年9月1日から令和4年3月31日までの間に生まれた児童を養育している人

令和3年12月31日までに出生した児童を養育している人

大村市から児童手当を受給する人は、申請不要で支給します。

公務員で児童手当を受給する人は、申請手続きが必要です。

どちらにも、ご案内の文書を郵送いたします。

令和4年1月以降に出生した子を養育している人

出生届を提出される際に、本給付金の案内文書と申請書をお渡しします。

申請書は次からもダウンロードできます。

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付申請書(新生児)(EXCEL:44KB)

申請書の提出先

出来るだけ郵送により次の郵送先へお送りください。

持参される場合は、こども家庭課(大村市こどもセンター内)へ提出してください。

【郵送先】

郵便番号:856-0832

住所:大村市本町413番地2大村市こどもセンター

大村市こども家庭課ひとり親支援グループ宛

離婚などにより基準の前後で養育者が異なる場合

今回の給付金は、子どもたちを力強く支援し、その未来を拓く観点から、児童を養育している人に支給するものです。

支給にあたっては、可能な限り迅速に支給を開始するため、

  • 中学生以下は、令和3年9月分の児童手当受給者(8月31日時点で子どもを養育している人)
  • 高校生などは、令和3年9月30日時点で子どもを養育している人

を基準として支給することとしており、離婚などによりこの基準の前後で養育者が異なる場合、子どもたちを現在養育している人に届かないことがあります。

給付金の趣旨は、離婚の場合などであっても変わるものではありませんので、基準日前後で養育者が異なる場合には、子どもたちにとって望ましい使途についてよく話し合っていただくなど、子どもたちの未来を拓く観点から子どもたちのためにご活用いただけるよう受給者の皆さまにはご協力をお願いします。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども未来部こども家庭課ひとり親支援グループ

856-0832 大村市本町413番地2 大村市こどもセンター

電話番号:0957-54-9100

ファクス番号:0957-54-9174