ホーム > くらしの情報 > ごみ・リサイクル > 環境センターからのお知らせ > 令和3年度ごみの排出状況について

ここから本文です。

更新日:2022年4月25日

令和3年度ごみの排出状況について

令和3年4月15日に発生した環境センター火災事故に伴い、ごみの分別、減量にご協力いただき、感謝申し上げます。令和3年度の大村市のごみの排出状況について、お知らせします.

燃やせるごみの排出状況

 

令和2年度

令和3年度

比較

増減率

家庭系ごみ

16,649トン

16,299トン

350トン減

2.1パーセント減

事業系ごみ

10,416トン

8,832トン

1,584トン減

15.2パーセント減

27,065トン

25,131トン

1,934トン減

7.1パーセント減


燃やせるごみの全体量は、令和2年度と比較し、1,934トン減少(7.1パーセント減)しました。そのうち、家庭系の燃やせるごみが350トン減少(2.1パーセント減)、事業系の燃やせるごみが、1,584トン減少(15.2パーセント減)しました。

ごみ全体の排出状況

 

令和2年度

令和3年度

比較

増減率

家庭系ごみ

20,353トン

19,721トン

632トン減

3.1パーセント減

事業系ごみ

10,785トン

9,050トン

1,735トン減

16.1パーセント減

31,138トン

28,771トン

2,367トン減

7.6パーセント減


燃やせるごみ、燃やせないごみ、資源物を合わせた全体量は、令和2年度と比較し、2,367トン減少(7.6パーセント減)しました。そのうち、家庭系のごみが632トン減少(3.1パーセント減)、事業系のごみが1,735トン減少(16.1パーセント減)しました。

事業系ごみの減少は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う飲食店などへの営業時間短縮要請などが大きく影響していると思われますが、家庭系ごみの減少は、市民の皆さま一人ひとりの減量へのご協力によるものと思われます。市民の皆さま、事業所の皆さまのご協力に感謝申し上げます。

市民の皆さま、事業所の皆さまへのお願い

現在、環境センターの焼却炉全3炉のうち、2炉が稼働して1日約70トンのごみを焼却処理していますが、1日約20トンは他市等のごみ処理施設で処理しています。残り1炉は令和4年9月中の運転再開を目指し復旧工事を進めていますので、今後も引き続き、ごみの分別、減量にご協力いただきますようお願いします。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部環境センター総務グループ

856-0815 大村市森園町1470番地

電話番号:0957-54-3100

ファクス番号:0957-52-8683