ホーム > くらしの情報 > ごみ・リサイクル > 環境センターからのお知らせ > 環境センターの火災事故に伴うごみ処理状況などについて

ここから本文です。

更新日:2021年6月8日

環境センターの火災事故に伴うごみ処理状況などについて

4月15日(木曜日)に発生した火災事故により、現在も焼却炉を運転できない状況が続いています。

6月1日現在のごみ処理の状況と焼却炉の復旧見込みについてお知らせします。

ごみ処理状況

燃やせるごみ

燃やせるごみ(1日約100トン)については、長崎県内(3市、2広域組合、1民間施設計7か所)、佐賀県内(2市、4広域組合、1民間施設計7か所)のごみ処理施設にご協力いただき、各処理場までごみを運搬し、処理を行っています。

可燃粗大ごみ(家具などの木類、布団など)

他施設での処理が困難なため、市内民間業者で処理を行っています。

燃やせないごみ

6月1日から環境センターでの処理を再開しています。

資源物

通常通り環境センターで処理を行っています。

焼却炉の復旧見込み

3基ある焼却炉のうち、2号炉は10月中の運転再開を予定しています。また、3号炉は令和4年1月中の運転再開を見込んでいます。なお、火災による被害が最も大きい1号炉の復旧については、令和4年6月以降になる見込みです。

市民の皆さま、事業所の皆さまへのお願い

今年5月の燃やせるごみの量については、昨年5月に比べて8.3パーセント少なくなっています。

今後も引き続き、ごみの分別、減量にご協力いただきますようお願いします。また、木製家具、布団などの可燃粗大ごみについては、処分を急がないものは、できるだけ持ち込みを控えていただきますようお願いします。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部環境センター総務グループ

856-0815 大村市森園町1470番地

電話番号:0957-54-3100

ファクス番号:0957-52-8683