ここから本文です。

更新日:2017年12月26日

妻子別れの石

この場所は、江戸時代の大村藩処刑場(斬罪所)の入口に当たり、明暦3年(1657年)の潜伏キリシタン大発覚事件である「郡崩れ」に関わる史跡です。地面に半分埋まっている丸い石がこれに当たります。

大村で処刑されることとなった131人は、大村牢から200人の武士の厳しい警護を受けて、斬罪所に連行されました。この信者たちが、家族と最後の別れを惜しみ、水盃を交わした場所がここであったといわれています。言い伝えによると、この石はとめどなく流れた悲しみの涙でぬれたので、別名「涙石」と呼ばれ、苔が生えないといわれています。

斬罪所はここから800メートルあまり北にあり、昔はそこまで細い道が真直に続いていたといわれています。

妻子別れの石

所在地

大村市杭出津3丁目

アクセス

JR大村駅からバスで約10分(協和町南バス停下車)、徒歩約5分

長崎自動車道大村インターから車で約10分

よくある質問

お問い合わせ

産業振興部観光振興課交流推進グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:241)

ファクス番号:0957-54-7135