ここから本文です。

更新日:2019年5月20日

獄門所跡

明暦3年(1657年)、潜伏キリシタンが発覚した大事件「郡崩れ」に関係する場所です。608人のキリスト教徒が捕まり、取り調べの結果、411人が死刑になりました。そのうち放虎原殉教地で処刑された131人の首は塩漬けにされ、見せしめとして当時人通りの多かった「長崎街道」沿いのこの場所で20日間さらし首にされました。

今は、白亜の無原罪の聖母像が建てられ、遠い昔の殉教者たちの霊をやさしく慰めています。

獄門所跡にある聖母像

所在地

大村市松並1丁目

アクセス

JR大村駅からバスで約10分(松並公園前バス停下車)、徒歩約5分

長崎自動車道大村インターから車で約10分

よくある質問

お問い合わせ

産業振興部観光振興課交流推進グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:241)

ファクス番号:0957-54-7135