ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 高齢者福祉 > 大村市高齢者保健福祉計画・第7期大村市介護保険事業計画(案)のパブリックコメントの募集結果について

ここから本文です。

更新日:2018年3月23日

大村市高齢者保健福祉計画・第7期大村市介護保険事業計画(案)のパブリックコメントの募集結果について

パブリックコメント募集の状況

募集期間・・・平成30年2月14日(水曜日)から平成30年3月9日(金曜日)

公開場所・・・市ホームページ、市役所市政情報コーナー、長寿介護課、市内各出張所

提出方法・・・書面提出、ファクス、電子メール

意見の要旨と市の考え方

意見1

365日、24時間対応するコールセンター(在宅医療サポートセンター)と「在宅療養後方支援病院」との連携が強化できれば、医師・患者ともに安心感が増すと思います。

他地域のように、「在宅療養後方支援病院」を活かした体制づくりができないでしょうか。

「在宅療養後方支援病院」と「地域包括ケア病棟入院科救急・在宅等支援病床初期加算」の算定ができるのは、大村市民病院だけです。

もっと大村市民病院を活用した計画案も盛り込むべきだと考えます。

市の考え方

ご意見を踏まえ、「在宅療養後方支援病院」、「地域包括ケア病棟」について、計画書に記載するよう修正します。

意見2

2ページ目「2法令等の根拠」に「地域包括ケアシステム推進基本計画」との連携が掲載されています。

その「大村市地域包括ケアシステム推進基本計画」では「市立大村市民病院は、地域医療の中核病院として、市民の生命と健康を守る役割を果たしています。老朽化した施設を改築し、診療科目を見直すとともに、地域で求められている回復期リハビリ病棟や地域包括ケア病棟を増床するなど、2次救急医療機関としての役割に応じた医療機能の充実を図ります。」と掲載されていて、大村市の地域包括ケアシステムを推進させる上で、「(3)地域密着型介護施設の整備」で掲載されている施設の患者さんの急変時に、同じ「地域包括」冠の「地域包括ケア病棟」を中心とした受け入れ体制・連携が実際に行われているところだと思います。

上記の流れが、今回の大村市高齢者保健福祉計画・第7期大村市介護保険事業計画(案)には触れられていないようですので、どこかの章で掲載をご検討頂けましたら幸いです。

市の考え】

ご意見を踏まえ、「地域包括ケア病棟」について、計画書に記載するよう修正します。

意見3

今回のH30トリプル改定では医療介護障害の連携に関する点数が盛りだくさんとなりましたので、この計画案でも触れて頂けたら幸いです。

とくに、病院とケアマネの連携にかかる「退院・退所加算」などの報酬は倍増となりました。

大村市地域包括ケアシステム推進基本計画にも掲載されている「地域包括ケア病棟」との連携や、在宅医療の後方支援病院である「在宅療養後方支援病院」(現在、大村市で1カ所だけ;大村市民病院)との連携など、さらに強化ができればと考えます。

市の考え方

ご意見を踏まえ、「在宅療養後方支援病院」、「地域包括ケア病棟」との連携について、計画書に記載するよう修正します。

意見4

第6期では、「地域包括ケア病棟」との連携の掲載があり、またその第6期に基づき整備された大村市地域包括ケアシステム推進基本計画においても、「地域包括ケア病棟」との連携が掲載されています。

第7期計画案では、「地域包括ケア病棟」との連携の記載がないようですが、厚労省の医療介護障害のトリプル改定の議論の中では、在宅療養を行う患者の急変時等の入院体制として、4区分を強調されていますので、これらとの整合性を保つためにも、医療介護の連携の部分は記載しておいたほうが良いと思いました。ご検討のほど何卒宜しくお願い致します。

市の考え方

ご意見を踏まえ、「地域包括ケア病棟」との連携について、計画書に記載するよう修正します。

意見5

他地域の第6期介護保険事業計画では、在宅療養を後方支援する「在宅療養後方支援病院」や地域包括ケアシステムを支援する「地域包括ケア」冠の「地域包括ケア病棟(病床)」との連携を盛り込んでいるところが多いです。

大村市においても、同じような対策が必要ではないでしょうか。

第7期案で盛り込めればと考えます。

市の考え方

ご意見を踏まえ、「地域包括ケア病棟」との連携について、計画書に記載するよう修正します。

意見6

3年間の計画のため、今回の改定内容を十分に把握した上で、計画に反映させるべきと思います。

現時点では、来年度の介護報酬資料は未掲載ですし、診療報酬のほうは本日(3月5日)掲載となり、介護との連携では下記が取り上げられています。

医療と介護の連携の推進、国民の希望に応じた看取りの推進、介護医療院・有床診地域包括ケアモデルへの対応、訪問診療の主治医とケアマネジャーの連携強化、リハビリテーションにおける医療介護連携の推進

第7期大村市介護保険事業計画(案)には、これらの内容の具体的対策が殆ど反映されていないと思います。他地域の自治体と比べると見劣りします。

市の考え方

具体的な対策については、これから検討していくところですので、本計画には記載しておりません。今後、早急に検討し、対応していきたいと考えております。

意見7

37ページ目「【在宅医療サポートセンターの4つの機能】」の「退院支援・調整に関する機能」では、諫早市のように大村市版のルールを作ってほしい。この共通ルールは早急に実現して欲しいと思いますのでご検討のほど何卒宜しくお願い致します。

市の考え方

今後、長崎県と協議を行いながら、早期の作成に向け、検討していきます。

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課保険料・管理グループ

856-0832 大村市本町458番地2 プラットおおむら2階

電話番号:0957-20-7301

ファクス番号:0957-53-1978