ホーム > くらしの情報 > 市民協働・男女共同参画・人権啓発 > 男女共同参画 > 市民向け講座(オンライン)「知っておきたいLGBTQ」をミライon図書館で開催しました

ここから本文です。

更新日:2021年3月23日

市民向け講座(オンライン)「知っておきたいLGBTQ」をミライon図書館で開催しました

最近メディアでも取り上げられることが多くなってきた、「性的マイノリティ(LGBTQ)」に関する講座をミライon図書館で開催しました。

コロナ禍の影響で、講師の五十嵐先生は東京からリモートによるご出演となりましたが、優しくハッキリとした語り口調と、研究結果や実体験に基づいた簡潔な資料により、とても分かりやすく説得力のある充実した内容で、受講者は大変満足されていた様子でした。

講座の様子

今回の講座では、要約筆記を組み入れ、講師の言葉を文字でプロジェクターに映し出し、話される内容が更に分かりやすい環境を作りました。

ミライon図書館の協力のもと、会場内に「図書コーナー」を設け、関連図書を紹介し、その場で貸し出しできるようにしました。

図書館コーナーの写真

理解がされにくく、差別が根強くある現状を踏まえた五十嵐先生のお話は、一人ひとりの心に響く講座となり、たくさんのご意見やご感想をいただきました。

その一部ご紹介します。

「LGBTQを全く知らなかったが、入りやすく大変分かりやすかった」

「今まであまりにも無関心で、(してはいけないことを)既にしていたことに気づいた」

「公共施設で、(当事者の方に配慮のある)トイレなどの設備が必要だと思った」

「学校現場で相談しやすいように、先生方やカウンセラーの人にも研修会を設けて、生徒や児童にも啓発・教育をしてほしい」

「自分もアライ(性的少数派の支援者)として行動できるようになりたい」

「大村市が、パートナーシップ制度のある街になって欲しい」

「初めて聞く言葉ばかりでしたが、勉強になった、小さい子どもがいるので、子どもが大きくなる頃には制度が充実し、住みやすい場所ができるといい」

「自分は当事者で、LGBT(SOGI含む)を1人でも多くの人に知ってもらいたい、そのために自分だからこそできることを積極的に取り組んでいきたいと強く思った」

「私は将来LGBTQを支援する仕事がしたい、人間として自分らしく生きたいし、差別なく周りの人を理解したい」

五十嵐先生のお話や受講者の皆さまのお声を聴き、改めて多様な性のあり方について知識を広め、理解を深めていくことの大切さを再確認できた講座となりました。

大村市では、今後もLGBTQを含めた多様な性のあり方について、周知啓発活動を進めてまいります。

多様な性のあり方を考える・LGBTなどの性的マイノリティへの理解を深めましょう

よくある質問

お問い合わせ

総務部男女いきいき推進課男女共同参画グループ

856-0832 大村市本町458番地2 プラットおおむら4階

電話番号:0957-54-8715

ファクス番号:0957-54-8700