ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナワクチン接種について

ここから本文です。

更新日:2024年2月6日

新型コロナワクチン接種について

  • 供給されているワクチンは、いずれも無料で受けることができます。
  • 原則、住民票がある市町村で接種することになります。
  • やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している人や、医療従事者などが住民票所在地以外で勤務する場合については、住所地以外での接種が可能です。
  • 新型コロナウイルス感染症に係る特例臨時接種の期間は、令和6年3月31日までです。

新型コロナワクチン接種を希望される人

健康被害救済制度について

【共通】

令和5年度の予定市内医療機関転入・転出住所地外接種届接種券再発行接種を受ける際の同意副反応武田社ワクチン(ノババックス)接種センター妊娠中・授乳中・妊娠を計画中の人の接種接種後の感染予防対策接種済証・接種記録書・接種証明書問い合わせ関連リンク

令和5年度のワクチン接種について

令和5年度の追加接種は、時期によって接種対象者が異なります。詳しくは、次の図をご確認ください。なお、接種を希望する人は、前述の「新型コロナワクチン接種を希望される人」をご確認ください。

20230912_r5_akikaishi_image2

令和5年度新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(チラシ)(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

<参考>聴覚障がい者向け「新型コロナワクチンに関する説明動画」(長崎県)

聴覚障がい者向けに、県が手話通訳付きの「新型コロナワクチンに関する説明動画」をYouTube(ユーチューブ)で公開しています。

なお、音声情報だけでも理解できるような内容となっていますので、視覚障害のある人も利用いただけます。

大村市内の個別接種対応医療機関(新型コロナワクチン)

転入・転出時の手続きについて

接種には、住民票所在地の市町村が発行した接種券が必要です。詳しくは、次のリンクをご確認ください。

住所地外接種の手続きについて

原則、住民票所在地の市町村で接種を受けることとなりますが、要件を満たしていれば、大村市外に住民票がある人でも手続きをすることで大村市で接種をすることができます。また、手続きを省略できる場合もありますので、詳しくは、次のリンクをご確認ください。

接種券再発行の手続きについて

接種には、接種券が必要です。紛失した人や予診のみで使用した人は、接種券を再発行することができます。詳しくは、次のリンクをご確認ください。

接種を受ける際の同意(厚生労働省)

新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さんに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。接種を受ける人の同意がある場合に限り接種が行われます。
予防接種を受ける人には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける人の同意なく、接種が行われることはありません。

国民の皆さまが自らの意思で接種を受けるかどうかの冷静な判断を行いうるよう、国として正確な情報提供に努めるとともに、誤情報や非科学的な情報に対しても、これらをとりあげて注意喚起を行っています。

(参考)SNSやニュースでコロナワクチンが危険と取り上げられていて不安です。どの情報を信じたらいいのでしょうか(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

ワクチン接種を受けていない人に対する差別的扱いの防止

新型コロナワクチンの接種は強制ではありません。職場や周りの人などに接種を強制したり、接種を受けていないことを理由に、職場において解雇、退職勧奨、いじめなどの差別的な扱いをすることは許されるものではありません。
特に、事業主・管理者におかれては、接種には本人の同意が必要であることや、医学的な事由により接種を受けられない人もいることを念頭に置いて、接種に際し細やかな配慮を行うようお願いします。

相談窓口

政府では、人権相談窓口や総合労働相談コーナーにおいて、ワクチン接種を受けていない人に対する差別的な扱いや、感染者に対する偏見・差別など、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめなどの被害にあった人からの相談を受け付けています。
困った時は一人で悩まず、相談してください。

職場におけるいじめ・嫌がらせになどに関する相談窓口

新型コロナワクチンについて、その他詳しい情報はこちらをご確認ください。

ワクチン接種による副反応について

新型コロナワクチンの承認に際しては、数万人規模の比較試験(臨床試験)などで接種後の重大な副反応がないことを確認しています。承認後も継続的に安全性を確認するため、アナフィラキシーや医師が予防接種との関連を疑う重篤な症状が発生した場合は、法に基づき報告を受け、専門家が評価します。こうした報告の中には、ワクチン接種後の持病悪化・死亡のように、ワクチンとの因果関係が直ちに評価できない事例も含まれていますが、透明性をもってすべて公開しています。国内外で注意深く調査が行われていますが、ワクチン接種が原因で、何らかの病気による死亡者や不妊が増えるという知見はこれまで得られていません(首相官邸・厚生労働省)。

副反応に関する相談

まずは、かかりつけ医にご相談ください。かかりつけ医で対応できない、かかりつけ医がいない場合は、長崎県コロナワクチンコールセンターにご相談ください。

長崎県コロナワクチンコールセンター(受付時間:9時~18時(土曜日、日曜日、祝日を含む))

副反応に係る健康被害救済制度

予防接種は、感染症を予防するために重要なものですが、健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。
極めてまれではあるものの、副反応による健康被害をなくすことはできないことから、救済制度が設けられています。

詳しくは、「新型コロナワクチン接種後の副反応に係る健康被害救済制度について(大村市)」をご確認ください。

使用するワクチン

使用するワクチンは、オミクロン株(XBB1.5)対応1価ワクチンです。

なお、今後の国のワクチン供給状況により変更する可能性がありますので、予約の際にワクチンの種類をご確認ください。

使用するワクチン(説明書)(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

ワクチンの有効期限の延長について

ファイザー社ワクチンおよびモデルナ社ワクチンの有効期間について、薬事上の手続きを経て、有効期間が延長されているため、印字されている有効期限よりも実際に接種することができる有効期限が長い場合があります。

それぞれのワクチンに関する有効期限の具体的な取り扱いは、次のリンクをご確認ください。

当日の持ち物

  • 接種券(「新型コロナワクチン接種のお知らせ」に同封されているもの)
  • 予診票(「新型コロナワクチン接種のお知らせ」に同封されているもの)
    注意:予診票は事前に記載して、お持ちください。
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)

長崎県の武田社ワクチン(ノババックス)接種センター

武田社ワクチン(ノババックス)は有効期限の到来をもって、令和5年12月25日(月曜日)に接種を終了しました。また、長崎市の道ノ尾病院に設置されている長崎県の「武田社ワクチン(ノババックス)接種センター」での接種は、令和5年12月22日(金曜日)をもって終了しました。

(注記)これ以降に、武田社ワクチン(ノババックス)の接種を希望する人で、mRNAワクチンの接種に不安を抱いている人は、mRNAワクチンの接種を実施している医療機関の医師に、mRNAワクチンの接種の可否についてご相談ください。
詳しくは、武田社ワクチン(ノババックス)接種センター(外部サイトへリンク)をご確認ください。

妊娠中・授乳中・妊娠を計画中の人の接種について

妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の人も、ワクチンの接種勧奨の対象としており、妊娠中の時期を問わず接種をお勧めしています。

ワクチン接種後の感染予防対策について

ワクチン承認後に実施されたさまざまな研究結果から、ワクチンを接種することで、新型コロナウイルス感染症の発症だけでなく、感染を予防する効果も示唆するデータが報告されています。しかしながら、その効果は100パーセントではなく、変異によりワクチンの効果に影響が生じる可能性もあります。

このため、ワクチン接種後であっても、引き続き効果的な感染予防対策を組み合わせることで、可能な限りご自身や周りの人を守っていただくようお願いします。具体的には、「3つの密(密集・密接・密閉)」の回避、マスクの効果的な場面での着用(注記)、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の励行などをお願いします。

(注記)令和5年3月13日からマスクの着用は、個人の主体的な選択を尊重し、個人の判断が基本となりました。ただし、マスクの着用が推奨される場面がありますので、ご留意をお願いします。詳しくは「マスクの着用について(厚生労働省)(外部サイトへリンク)」をご確認ください。

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証・接種記録書・予防接種証明書について

新型コロナウイルスワクチンを接種された人には、「予防接種済証」または「接種記録書」が発行されます。

国内では、この「予防接種済証」または「接種記録書」により接種の証明ができます。

また、申請により、予防接種証明書(海外用および日本国内用)を発行します。

なお、マイナンバーカードとマイナンバー読み取りができるスマートフォンをお持ちの人は、電子版の予防接種証明書が取得できます。

詳しくは、次のリンクをご確認ください。

問い合わせ先

接種後の副反応などの医学的知見が必要となる専門的な相談

長崎県コロナワクチンコールセンター(受付時間:9時~18時(土曜日、日曜日、祝日を含む))

ワクチン施策などに関する問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター(受付時間:9時~21時(土曜日、日曜日、祝日を含む))

  • 電話番号:0120-761-770

聴覚に障害のある人は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

一般的な問い合わせ(接種券、接種会場など)

市新型コロナウイルス感染症対策室(受付時間:8時30分~17時15分(平日))

  • 電話番号:0957-53-4111(内線497、629)

関連リンク

ワクチンの詳しい情報については、次のリンクをご確認ください。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課新型コロナウイルス感染症対策室

856-8686大村市玖島1丁目25番地(別館1階)

電話番号:0957-53-4111(内線453、628)