ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 高齢者福祉 > 地域包括支援センター

ここから本文です。

更新日:2019年11月30日

地域包括支援センター

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるように、介護、福祉、保健などさまざまな面から総合的な支援を行うため、地域包括支援センターを設置しています。

地域包括支援センターでは、主任ケアマネージャー・保健師・社会福祉士・介護支援専門員等の専門職が中心となり、介護に関する悩みや心配ごとのほか、健康や福祉に関するさまざまな支援を行っています。

地域包括支援センターの主な仕事

  • 総合相談
    高齢者やそのご家族のために介護、福祉や健康などさまざまな相談を受け付けています。
  • 介護予防マネジメント
    要支援1・2および事業対象者の方の介護予防ケアプランなどを作成し、介護予防の支援をします。
  • 権利擁護、虐待早期発見・防止
    高齢者の人権や財産を守る権利擁護、成年後見制度の利用支援や高齢者虐待の早期発見・防止、消費者被害対応などを行います。
  • 包括的・継続的ケアマネジメント
    介護・医療関係者のネットワーク構築や、地域のケアマネージャーへの助言などを行います。

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課政策グループ

856-0832 大村市本町458番地2 プラットおおむらビル2階

電話番号:0957-53-8141

ファクス番号:0957-53-8348