ホーム > まちづくり・産業 > 農林水産業 > 農業政策 > 高収益作物次期作支援交付金について(更新)

ここから本文です。

更新日:2020年11月18日

高収益作物次期作支援交付金について(更新)

運用見直しについて

本交付金は、新型コロナウイルスの影響により売り上げが減少するなどの影響を受けた作物について、次期作に前向きに取り組む生産者の皆さまを支援することとして進めてきました。しかし、「減収していない品目も含まれており、新型コロナウイルスの影響を受けていない場合にも交付金が支払われているなど」との批判を受けかねないことから、この度、農林水産省が運用見直しを行っています。

運用見直しのポイント

交付対象面積の変更

(当初)次期作の全作付面積

(見直し後)売上が減少した品目の作付面積

交付額の上限設定

各農業者の減収額を超えない範囲で交付金を支払うように変更

厳選出荷の取組日数の上限設定

作業従事者1人につき90日まで(花きについては、2月から5月までのうち最大90日取組可能となる)

10アールあたり5万円、10アールあたり80万円、10アールあたり25万円の取組についての運用見直しです。

追加措置の設定

運用見直しにより、交付予定額が減額または交付されなくなる生産者であって、4月30日から10月30日までの間に、次期作に向けて機械などの投資を行った場合、交付金の減額分を上限に支援

支援対象
  1. 機械・施設の取得費
  2. 機械施設の取得費以外の取組(資材など)の掛かり増し経費

「新たな資材の購入」や「通常使っている資材の使用量増加分の経費」、「新たに地域でまとまって取り組む資材等の経費」が該当

運用見直しにかかる、今後のスケジュールなど

運用見直しにかかる追加書類(申告書など)の受付会を次の日程で実施します。

申請書提出者には文書で通知済。

受付会開催日時

令和2年11月19日(木曜日)

  1. 大村北・郡支店管内申請者:9時~12時まで
  2. 大村中央・三鈴支店管内申請者:13時~16時まで

開催場所

JAながさき県央大村中央支店3階大ホール

事前に準備、記入し、受付会当日に持参していただきたい書類

(1)申告書

「総括表」申請者は全員持参。

次の該当する様式を持参ください。

  • 10アールあたり5万円の取組:「様式甲」
  • 10アールあたり80万円の取組:「様式乙」
  • 10アールあたり25万円の取組:「様式丙」
  • 1日につき1人あたり2,200円(厳選出荷)の取組:「様式丁」

「様式甲、乙、丙」を2つ以上作成する場合:それぞれの様式に加えて「様式戊」を持参

(2)売上が確認できる伝票など

  1. 申請する品目の令和2年2月から出荷が確認できる直近月までの売り上げがわかる伝票など(該当する品目の直売所等での伝票等すべて)
  2. 昨年産(1.の1年前)の同期間(平成31年2月~)の売り上げがわかる伝票など(該当する品目の直売所などでの伝票等すべて)

農協出荷分については、農協が売上比較表を作成します。農協から取得してください。

今年産において出荷調整のため出荷せず廃棄し、出荷期間が短くなったものについては、該当月の売り上げを「0」として昨年産と比較する。

(3)次期作に向けて、4月30日から10月30日までの間に新たに機械・施設の整備や資材などの購入または発注を行った場合、名称や金額などの内訳がわかる伝票など

該当がある人のみ。

(注意)11月16日に判明した追加情報のため、申請書提出者に送付した文書に記載はしていません。受付会時に個別に説明します。

【重要】

今回の受付会に出席ができない場合、申告書などの書類をJA系統の人はJAへ、JA系統以外の人は農林水産振興課畜産・水田フル活用グループへ、令和2年11月30日(月曜日)までに必ずご提出ください。

期限までに申告書などの提出がない場合、交付金の申請受付はできませんのでご注意ください。

また、運用見直し前は申請書などの提出は取組の実施後としていましたが、運用見直しに伴い、今後(年内中)に取組を実施する場合についても、今回提出していただくことになりましたので、ご注意ください(年明け以降に実施する取組は支援対象となりません)。

今回の提出締め切りが最終となります。

その他、ご不明な点がございましたら、農林水産振興課畜産・水田フル活用グループにご連絡いただきますよう、よろしくお願いします。

その他

今回の制度見直しに伴い交付対象外となる場合においても、制度見直し前で交付対象となるものについては、市の単独事業で10アールあたり2万5千円の交付を行いますので、申告書などを提出していただきます(市の交付金申請につきましては、後日別途お知らせします)。

【以下見直し前】概要

新型コロナウイルスの影響により売り上げが減少するなどの影響を受けた作物について、次期作に前向きに取り組む生産者の皆さまを支援します。

高収益作物次期作支援交付金チラシ(PDF:175KB)

交付金の対象となる生産者(次の要件をいずれも満たす必要あり。)

要件1.令和2年2月から4月までの間に、野菜、花き、果樹、茶について出荷実績がある。または出荷できず、廃棄した実績があること。

要件2.収入保険、農業共済などのセーフティーネットに加入していること。または加入を検討すること。

事業内容

いずれの交付金も税務申告を行う必要がありますので、ご注意ください。

事業1:高収益作物の次期作に向けた取組に対する支援

10アールあたり5万円【注意】中山間地域は10アールあたり5万5千円

次のア~オの取組の中から2つ以上実施(「オの8.3」は県が策定するため、1~7の中から1つ以上の取組を選択し実施。)

10アールあたり80万円(花き、大葉およびわさびに限る。)

次のア~オの取組の「エ・オ」を除いた中から、2つ以上実施。

ただし、「イの3」の取組必須。

10アールあたり25万円(マンゴー、おうとうおよびぶどうに限る。)

次のア~オの取組の「エ・オ」を除いた中から、2つ以上実施。

(注意)2、3については施設栽培に限る。また、加温装置(空調装置)またはかん水装置がある施設であることが条件。(雨よけハウスは除く。)

ア:生産・流通コストの削減に資する取組

1.機械化体系の導入
2.集出荷経費の削減に資する資材の導入

イ:生産性または品質向上に要する資材などの導入に資する取組

3.品目・品種などの導入
4.肥料・農薬などの導入
5.かん水設備などの導入

ウ:土づくり・排水対策など作柄安定に資する取組

6.土壌改良・排水対策の実施
7.被害防止技術の導入

エ:作業環境の改善に資する取組

8.1労働安全確認事項の実施
8.2農業機械への安全装置の追加導入、圃場環境改善、軽労化対策の導入

オ:事業継続計画の策定の取組

8.3事業継続改革の策定など

事業2:高収益作物の次期作に向けた新たな取組に対する支援

10アールあたり2万円【注意】中山間地域は10アールあたり2万2千円

次のア~ウの取組の中から1つ以上実施

ア:新たに直販などを行うためのホームページなどの環境整備

1.新規契約の締結
2.追加契約の締結
3.需要開拓による販路の変更

イ:新品種・新技術導入などに向けた取組

都道府県が定める
1.新品種の導入
2.新技術の導入

ウ:海外の残留農薬基準への対応または有機農業、GAPなどへの取組

1.残留農薬基準などへの対応
2.有機農業の認証取得に向けた取組
3.GAP認証に向けた取組
4.MPS(花き生産総合認証)に向けた取組

事業3:高品質なものを厳選して出荷する取組に対する支援

2,200円×(かける)人数×(かける)日数

花き、茶、施設栽培の大葉、わさび、マンゴーおうとうおよびぶどうに限る。

ただし、今後は対象品目が追加される場合あり。(施設栽培のうち雨よけハウスを除く。)

(注意)事業3に取り組む場合は、厳選出荷に係る書類も作成する必要があります。

【花きの取組例】

  • フラワーネット張りの調整
  • 芽かき・摘花・整枝
  • 冷蔵貯蔵などによる出荷調整

など

事業のながれ・スケジュール

  1. まずは市役所農林水産振興課(大村市農業再生協議会事務局)へご相談ください。
    (注意)取組項目の選択などについては、JA部会研究会員の人は、別途JA営農窓口へご相談ください。
  2. 市役所農林水産振興課(大村市農業再生協議会事務局)へ申請書を提出
    (注意)取組項目を実施したことや、次期作を作付けたことが分かる書類の提出が必要です。(資材の購入伝票、作業日誌など)

(注意)農業委員会で耕作証明書を取得の上、写しを提出してください。(有料:1戸あたり300円)

なお、地籍調査が完了していない圃場については、別途、字図((税務課で取得1枚あたり300円)を取得してください。その後、パソコンで地図アプリを開き、字図と照合し圃場ごとに面積を測定し、測定した結果を圃場ごとに印刷し添付してください。ハウス栽培の場合は、間口、奥行きを実測した上で、字図などにハウスの形を記載し添付してください。【いずれも測定する面積は栽培面積(栽培管理に必要な作業通路は含む。)のみとしてください。】

3.交付金の交付
(注意)実績報告書が提出され、記載内容や添付書類に漏れがなく、取組項目や次期作作付けの確認

ができた後、交付金が支払われます。

申請書様式、記入例

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業振興部農林水産振興課畜産・水田フル活用グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 第2別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:253)

ファクス番号:0957-54-9567