ここから本文です。

更新日:2020年11月25日

旧楠本正隆屋敷

旧楠本正隆屋敷

幕末から明治にかけて活躍した政治家楠本正隆が明治3年に建築した屋敷です。

楠本正隆は、幕末大村藩勤王三十七士として、倒幕から明治維新に活躍しました。

明治新政府では、行政官として長崎府判事、新潟県令、東京府知事などを歴任し、特に近代的な都市づくりに貢献しました。新潟では難題が多かった明治初期の県政をまとめ上げ、名県令とたたえられました。後に国会議員となり、衆議院議長を務めました。

屋敷は、建物、庭園とも良く残され、大村の武家屋敷の流れを組む貴重な遺構として、建物が「旧楠本家住宅」として県有形文化財に、建物を含む敷地全体が市史跡に指定されています。

屋敷は一般に公開され、建物や庭園を見学できるほか、幕末維新に関する資料も展示されています。また、季節に合わせたイベントも開催されています。

入場料 大人:200円、小中学生:100円
開館時間 9時~17時
休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
住所 大村市玖島2丁目291番地4
電話番号 0957-52-9885

よくある質問

お問い合わせ

教育委員会事務局文化振興課

電話番号:0957-53-4111(内線:369,372)

ファクス番号:0957-52-9700