スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 市政情報 > 大村市紹介 > 財政 > 予算 > 平成24年度当初予算概要

ここから本文です。

更新日:2016年10月1日

平成24年度当初予算概要

1予算編成にあたって

 

今年は、本市が昭和17年の市制施行から70周年を迎える大きな節目の年となります。また、収支均衡の財政運営を目指して取り組んできた「第三次財政健全化計画」の最終年度でもあります。

この節目となる平成24年度予算は、本市の更なる飛躍と発展に向けて着実に前進する予算と位置付け、次の点を基本として編成しました。

1すべての施策を検証し、今まで以上に創意工夫するとともに、事業効果などを更に向上させる。

2収支均衡型の財政運営を確立するため、歳出全般にわたる徹底した見直しを行い、「選択と集中」による予算配分の重点化・効率化を進める。

3市有財産等の有効活用など、積極的な歳入確保に取り組む。

 

2予算規模

  • 一般会計の予算規模35,870,000千円
    (前年度比△1,130,000千円伸び率△3.1%)
  • 大村市全体の予算規模122,762,987千円
    (前年度比△718,701千円伸び率△0.6%)

3予算の状況

(1)歳入の概要

(単位:千円、%)

歳入科目

平成24年度

平成23年度

比較

増減率

市税

10,063,949

10,060,335

3,614

0.0

地方譲与税

278,000

283,000

-5,000

-1.8

利子割交付金

28,000

28,000

-

-

配当割交付金

6,000

6,000

-

-

株式等譲渡所得割交付金

2,800

2,800

-

-

地方消費税交付金

708,000

698,000

10,000

1.4

ゴルフ場利用税交付金

12,000

17,000

-5,000

-29.4

自動車取得税交付金

40,000

60,000

-20,000

-33.3

国有提供施設等所在市助成金交付金

48,340

53,290

-4,950

-9.3

地方特例交付金

67,000

140,000

-73,000

-52.1

地方交付税

6,186,000

5,722,000

464,000

8.1

交通安全対策特別交付金

12,000

13,000

-1,000

-7.7

分担金及び負担金

468,651

465,346

3,305

0.7

使用料及び手数料

708,985

705,553

3,432

0.5

国庫支出金

6,163,589

6,404,964

-241,375

-3.8

県支出金

2,298,527

2,597,068

-298,541

-11.5

財産収入

111,596

49,467

62,129

125.6

寄附金

3

4

-1

-25.0

繰入金

1,184,700

1,583,092

-398,392

-25.2

繰越金

1

1

-

-

諸収入

3,531,559

3,743,480

-211,921

-5.7

市債

3,950,300

4,367,600

-417,300

-9.6

合計

37,000,000

37,000,000

-1,130,000

-3.1

一般会計歳入の主な増減内容

  • 市税
    市税は、年少扶養控除の廃止などにより、前年度より247,334千円(6.3%)増加するものの、固定資産税が評価替えの影響から、前年度より△262,521千円(△5.7%)と大きく減少しており、市税全体としては、ほぼ前年度並みとなりました。
  • 地方交付税
    国勢調査による人口の増加や社会福祉費の増加の影響などにより、464,000千円(8.1%)の増加となりました。
  • 国庫支出金
    生活保護費などの社会福祉費は増加しているものの、子ども手当の制度改正の影響や学校給食センター建設事業の減少などにより、241,375千円(△3.8%)の減少となりました。
  • 県支出金
    市街地再開発事業の減少やふるさと雇用創出事業及び緊急雇用創出事業がほぼ終了したことにより、298,541千円(△11.5%)の減少となりました。
  • 繰入金
    学校給食センター建設事業などの大型事業の減少などにより、398,392千円(△25.2%)の減少となりました。
  • 市債
    学校給食センター建設事業や市街地再開発事業の減少により、417,300千円(△9.6%)の減少となりました。

(2)歳出の概要

(単位:千円、%)

歳出科目

平成24年度

平成23年度

比較

増減率

議会費

315,889

353,354

-37,465

-10.6

総務費

4,147,796

4,462,348

-314,552

-7.0

民生費

12,654,126

12,587,239

66,887

0.5

衛生費

4,482,057

4,747,658

-265,601

-5.6

労働費

14,445

12,219

2,226

18.2

農林水産業費

1,065,107

972,703

92,404

9.5

商工費

1,840,084

2,447,772

-607,688 -24.8

土木費

3,426,703

2,976,948

449,755

15.1

消防費

836,646

816,777

19,869

2.4

教育費

3,556,498

3,827,818

-271,320

-7.1

災害復旧費

17,819

19,211

-1,392

-7.2

公債費

3,492,828

3,755,951

-263,123

-7.0

諸支出費

2

2

-

-

予備費

20,000

20,000

-

-

合計

35,870,000

37,000,000

-1,130,000

-3.1

一般会計歳出の主な増減内容

  • 総務費
    九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)の建設負担金など、増加している事業もありますが、土地開発公社への貸付金の減少や緊急雇用創出事業の減少などにより、314,552千円(△7.0%)の減少となりました。
  • 民生費
    子ども手当は、制度改正の影響により減少していますが、生活保護費などが増加しており、66,887千円(0.5%)の増加となりました。
  • 衛生費
    廃棄物処理施設整備事業の減少や病院事業会計への繰出金の減少などにより、265,601千円(△5.6%)の減少となりました。
  • 商工費
    住宅リフォームに対する補助金などの新規事業もありますが、中心市街地再開発事業への補助金の減少などにより、607,688千円(24.8%)の減少となりました。
  • 土木費
    公営住宅等整備事業や中心市街地道路整備事業などの増加により、449,755千円(15.1%)の増加となりました。
  • 教育費
    学校給食センター建設事業の減少やFIBAアジア選手権大会開催事業の終了などに伴い、271,320千円(△7.1%)の減少となりました。

4基金の状況(財政調整基金等4基金)

平成24年度当初予算基金残高3,420百万円(平成23年度当初予算基金残高3,483百万円)

平成24年度は、第三次財政健全化計画の最終年度です。基金残高は計画値を大きく上回る実績となっていますが、給食センター建設や九州新幹線西九州ルートなどの大型事業が進行していることから、これからも慎重な財政運営が必要になります。

5市債の状況

平成24年度末見込額31,431百万円(平成23年度末見込額30,469百万円)

 

市債は、第三次財政健全化計画に基づき、発行額の抑制、補償金免除繰上償還の実施などを行い、平成22年度決算では約289億円まで減少することが出来ました。

しかし、平成24年度は学校給食センター建設事業などにより約314億円まで増加する見込みです。

6重点項目(事業)

平成24年度当初予算については、以下の6項目について予算を重点的に配分し、新規事業の創出や継続事業の拡充などを行いました。

未来を担う人材の育成

  • 英語力向上対策事業・・・・・・・・・・・・・・・・・61,996千円
  • 心のケア充実対策事業・・・・・・・・・・・・・・・・11,527千円
  • 心の教室相談員配置事業・・・・・・・・・・・・・・12,766千円
  • 高校生語学研修事業(ホームステイ補助金)・・920千円

安全で安心して暮らせるまちづくり

  • デジタル防災行政同報系無線整備事業・・・・・8,500千円
  • 松原漁港護岸改修事業・・・・・・・・・・・・・・・・72,079千円
  • よし川都市基盤河川改修事業・・・・・・・・・・・・84,440千円

地球温暖化対策の推進

  • 防犯灯LED化推進事業・・・・・・・・・・・・・・・・・13,500千円
  • 街路灯LED化推進事業・・・・・・・・・・・・・・・・・20,000千円

中心市街地の活性化

  • 中心市街地再開発事業・・・・・・・・・・・・・・・108,500千円
  • 公営住宅等整備事業(本町アパート)・・・・・291,165千円
  • 中心市街地道路整備事業・・・・・・・・・・・・・・154,700千円

子育て支援体制の充実

  • 地方裁量型認定こども園運営円滑化事業・・・・14,000千円
  • 就学前児童子育て支援事業・・・・・・・・・・・・・・・7,859千円
  • 不妊症支援対策事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3,750千円

産業の振興と雇用の確保

  • 耕作放棄地解消事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・350千円
  • 野岳ため池整備事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27,500千円
  • 大村市特産品愛用推進事業・・・・・・・・・・・・・・・1,000千円
  • フレッシュワーク大村管理運営事業・・・・・・・・・10,130千円

市制施行70周年記念事業

大村市は、昭和17年2月11日に市制を施行し、今年2月で市制施行70周年となることから、このことを記念して、新規事業で50,399千円、冠事業で7,092千円の総額57,491千円の事業を行います。

新規事業(市制施行70周年として特別に実施する事業)

  • 市制施行70周年記念式典事業(実施時期:平成24年4月)・・・・・・・・・・・・・・1,299千円
  • 心に残る講演会事業(実施時期:平成24年5月~9月)・・・・・・・・・・・・・・・・・10,900千円
  • 天正遣欧少年使節の足跡を辿るツアー事業(実施時期:平成24年10月)・・・・4,914千円
  • 市制施行70周年「食の祭典」事業(実施時期:平成24年4月~3月)・・・・・・・11,480千円
  • 市制施行70周年記念音楽祭事業(実施時期:平成24年8月~10月)・・・・・・・9,000千円
  • 花のまちおおむら事業(実施時期:平成24年8月~10月)・・・・・・・・・・・・・・・・5,807千円
  • ユニバーサルスポーツフェスタ事業(実施時期:平成24年11月)・・・・・・・・・・2,000千円
  • 市制施行70周年記念DVD制作事業(実施時期:平成24年1月~12月)・・・・・・4,999千円

冠事業(予算を増額して行う既存事業)

  • 大村市顧問会議開催事業(実施時期:平成24年11月)・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,522千円
  • 大村ロードレース大会(実施時期:平成24年12月)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3,340千円
  • 畜産物販売促進事業(実施時期:平成24年11月)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300千円
  • 姉妹都市親善事業(実施時期:平成24年10月)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200千円
  • 夏越まつり開催費助成事業(実施時期:平成24年8月)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・700千円
  • おおむら秋まつり開催費助成事業(実施時期:平成24年8月~12月)・・・・・・・・1,000千円

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財政部財政課財政管理グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:281)

ファクス番号:0957-53-0027