ホーム > くらしの情報 > 定例相談・消費生活相談 > 相談事例 > 新型コロナウイルスに関する詐欺が発生しています

ここから本文です。

更新日:2020年3月19日

新型コロナウイルスに関する詐欺が発生しています

新型コロナウイルスに便乗した消費者トラブルの相談が寄せられています。

正確な情報をもとに冷静な対応をお願いします。

事例(相談内容)

  • 突然自宅を訪問してきた業者から、「新型コロナウイルス流行拡大の影響で金の相場が上がることは間違いない。すぐに金を買う権利を申し込んだほうがいい」と勧誘された。(80歳代男性)
  • 業者から「新型コロナウイルスの感染を防ぐために、行政から委託で消毒に回っている」と電話があった。翌日も同じ業者から電話があり「新型コロナウイルス感染防止の資料を持参したい」と言われた。(80歳代女性)
  • 本日、家に電話があり、「長崎市コロナ対策室です。この度はコロナ感染のことで、大変ご迷惑をおかけしています。長崎市ではこのような皆さまに助成金をお配りしています。お子様1人当たり3万円です。つきましては、キャッシュカードの番号、または銀行口座番号に振り込みますので番号を教えてください」と言われた。

注意するポイント

  • 行政から委託されたという業者などからの怪しい電話や訪問、心当たりのない送信元からの怪しいメール・SMSなど、怪しい・おかしいと思うものには反応しないようにしましょう。
  • 市役所が電話で銀行口座番号などを聞くことはありません。
  • 急な電話や訪問があっても、対応しないようにしてください。対応して個人情報などを伝えてしまうと、後日、不必要な契約をさせられたり、詐欺の被害に遭う可能性があります。
  • おかしいなと思ったときは、大村市消費生活センターにご相談ください(消費者ホットライン188)。
  • 今後、新たな手口が現れる可能性があります。国民生活センターでは新型コロナウイルスに関連した情報発信を行っています。根拠のないうわさなどに混乱せずに、正確な情報に基づいて冷静に対応することが大切です。

(本情報は、都道府県などの消費者行政担当部署などからの情報や長崎県消費生活センターからの情報をもとに編集・発行しています。)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部地域げんき課大村市消費生活センター

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-52-9999

ファクス番号:0957-52-9991