ホーム > くらしの情報 > 定例相談・消費生活相談 > 相談事例 > 引っ越しサービスのトラブル、補償要求は3カ月以内に

ここから本文です。

更新日:2020年3月24日

引っ越しサービスのトラブル、補償要求は3カ月以内に

事例

70歳代男性の事例は「半年前に引っ越した。梱包したまま物置に保管していたびょうぶを取り出したところ、梱包に10センチほどの穴が開き、びょうぶも破けていた。引っ越し業者に連絡して苦情を伝えたところ、「引っ越しから3カ月が経過しているので対応できない」と言われた。補償してもらえないのか。」というものでした。

注意するポイント

  • 引っ越し事業者を決める際は、国土交通大臣の許可を受けた複数の事業者に見積もりを依頼しましょう。追加費用などのトラブルを避けるためには、事業者に下見をしてもらい部屋や荷物の状況を確認したうえで打ち合わせること、価格だけでなくサービス内容も確認することが大切です。
  • 見積もり時に事業者が消費者に提示するよう義務付けている約款には、解約料の発生時期や荷物の紛失・破損、遅延への対応などについて記載されていますので併せて確認しましょう。
  • 引っ越しの作業中に荷物や家屋などに傷が付いた場合は、その場で事業者に申し出ましょう。また、引っ越し完了後はすぐに、荷物の個数や状態を確認し、荷物の紛失や破損があれば事業者に連絡しましょう。
  • 国土交通省の定めた「標準引越運送約款」では、荷物の紛失や破損について、消費者は荷物を引き渡された日から3カ月以内に連絡しないと事業者の責任が消滅することになっていますので、期間を過ぎると事例のような補償要求を拒否されます。
  • 少しでもおかしいと思ったら大村市消費生活センターにご相談ください(消費者ホットライン188)。

本情報は、消費者行政担当部署などからの情報をもとに編集・発行しています。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部地域げんき課大村市消費生活センター

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-52-9999

ファクス番号:0957-52-9991