ここから本文です。

更新日:2020年6月30日

自転車に関する注意喚起

消費者庁では、消費者に向けた注意喚起「自転車に関する最近の消費者事故などの傾向について」を公表されました。

平成29年6月から令和2年5月末までの3年間では、自転車に関する消費者事故などの件数は、7月に最も多く発生しています。

事故を防ぐために

  1. 乗車前には自転車に異常がないか点検しましょう。お使いの自転車および付属品がリコール対象でないか確認し、対象であればすぐに使用を中止してください。
  2. 子どもを乗せる場合には足が車輪に巻き込まれないよう、自転車の荷台に乗せてはいけません。また、子どもを前に抱っこして自転車に乗らないでください。
  3. 「自転車安全利用五則」を守りましょう。また、ヘルメットを着用するとともに、万が一の事故に備えて自転車損害賠償責任保険などに加入しましょう。

詳細な内容はこちらをご確認ください。

自転車安全利用五則

  • 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  • 車道は左側を通行
  • 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  • 安全ルールを守る
    飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    夜間はライトを点灯
    交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
  • 子どもはヘルメットを着用

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部地域げんき課大村市消費生活センター

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-52-9999

ファクス番号:0957-52-9991