スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > くらしの情報 > 定例相談・消費生活相談 > 契約トラブル事例 > 多重債務は一人で悩まないで、必ず相談を

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

多重債務は一人で悩まないで、必ず相談を

事例

5年ほど前、転職した時に生活費として消費者金融から50万円を借りた。

その後、借金を返済するため、他の数社の金融会社から借金を繰り返し、現在の借金が夫婦で300万円以上になる。

金利は年29%で利息しか返済できず、元本がなかなか減らない。

何とかできないだろうか。(50代男性)

多重債務は一人で悩まないで、必ず相談を!

助言

本市には、ファイナンシャルプランナーによる多重債務の無料相談窓口があるので、できるだけ早く相談するよう助言しました。

借金の整理方法には、借金額や返済能力に応じて、任意整理、特定調停、個人民事再生、そして自己破産があります。

なお、事例のような年29%の金利は、利息制限法の上限金利(年15~20%)を超えるグレーゾーン金利に当たります。

利息制限法に規定する金利で計算し直す(引き直し計算)と、現在の借金額が減額されます。
場合によっては過払い金が生じて、払い過ぎた分が戻ってくることもあります。

司法書士や弁護士に借金の整理を依頼(委任)すれば、金融会社からの請求は一旦止まります。
依頼する費用がない場合は、民事法律扶助制度(条件あり)もあります。

「借金一本化」「低金利で即融資」などと、電話、ダイレクトメールやチラシなどで勧誘する整理屋・紹介屋などの違法なヤミ金業者もいます。

大手の銀行やクレジット会社だと錯覚させるような手口もあるので、だまされないように注意しましょう。

長引く不況を背景に、多重債務に関する相談が多く寄せられています。
借金を整理しても再度多重債務に陥ったというケースも出てきています。

多重債務は解決する方法があります。一人で悩まずに、できるだけ早く専門家に相談しましょう。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部地域げんき課市民110番

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:193)

ファクス番号:0957-52-9991