スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 市政情報 > 選挙 > 投票制度 > 代理投票・点字投票

ここから本文です。

更新日:2014年1月10日

代理投票・点字投票

投票は、選挙人が自分で投票用紙に記載する方式が原則ですが、投票用紙に字を書くことができない選挙人についても選挙権の行使を保障するため、代理投票や点字投票が認められています。

代理投票

  • 心身の故障その他の事由により、投票用紙に字を書くことができない選挙人に代わって、投票事務従事者が投票用紙の記載を行う方法で、選挙人が投票管理者に申し立てることにより行うことができます。
  • 投票管理者は、代理投票の理由があると認めたときは、投票立会人の意見を聴いて、投票補助者2人を定めます。このうち1人の補助者が、選挙人が指示する候補者の氏名などを投票用紙に記載し、他の1人がこれに立ち会います。

点字投票

  • 目の不自由な選挙人で、通常の文字が書けない人には点字による投票が認められており、選挙人が点字によって投票を行う旨を投票管理者に申し立てることにより行うことができます。
  • 投票管理者は点字投票である旨を表示した投票用紙を選挙人に交付します。選挙人は、交付を受けた投票用紙に、点字で、候補者の氏名などを記載し投票することとなります。

よくある質問

お問い合わせ

大村市選挙管理委員会事務局  

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:341)