スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 市政情報 > 選挙 > 選挙管理委員会からのお知らせ > 衆議院議員総選挙が10月22日に行われます

ここから本文です。

更新日:2017年10月10日

衆議院議員総選挙が10月22日に行われます

「選挙に行こう」のポスター

年齢要件

平成11年10月23日までに生まれた人(投票日現在、満18歳以上の人)

住所要件

平成29年7月9日までに大村市の住基本台帳に記載されている人、または同日までに大村市に転入の届出をした人で、引き続き投票日当日も居住している人

平成29年7月10日以降、大村市へ転入の届出をした人は、前住所地で投票するか、前住所地の選挙管理委員会に投票用紙を請求して、大村市で不在者投票ができます。この場合、前住所地の選挙人名簿に登録されていることが必要です。

期日前投票について

投票日に仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭などの用務が見込まれる人は、期日前投票ができます。期日前投票をする場合は、投票所入場券の裏面の宣誓書の記載(提出)が必要です。宣誓書はあらかじめ記入して期日前投票所に持参することもできます。
※それぞれ期間および時間が異なりますので、ご注意ください。

不在者投票について

仕事や旅行などで、選挙期間中、名簿登録地以外の市区町村に滞在している人は、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。また、指定病院などに入院などしている人などは、その施設内で不在者投票ができます。

(1)大村市以外の市区町村の選挙管理委員会における不在者投票

  1. 選挙人名簿に登録されている区の選挙管理委員会あて「不在者投票宣誓書兼請求書」を郵送してください。(注意)Eメール、ファクスでは請求できません。
  2. 選挙管理委員会において記載内容に漏れがないかなどを確認の後、投票用紙などを滞在先あてに郵送します。
  3. 届いた書類一式を、滞在先の最寄の市区町村選挙管理委員会に持参して、当該選挙管理委員会立会いのもと、不在者投票をします。(注意)投票用紙は自宅などで記入しないでください。
  4. 投票した市区町村の選挙管理委員会から大村市選挙管理委員会へ投票用紙などが送付されます。

投票日までに、大村市へ届かない場合は、無効となりますので、請求や投票は早めにお願いします。

法の規定による有権者が不在者投票のできる期間

衆議院議員総選挙

(小選挙区・比例代表)

平成29年10月11日から

平成29年10月21日まで

最高裁判所裁判官国民審査

平成29年10月11日から

平成29年10月21日まで

法の規定による選挙管理委員会が不在者投票用紙などの送付ができる期日

衆議院議員総選挙

(小選挙区・比例代表)

平成29年10月9日から

最高裁判所裁判官国民審査

平成29年10月11日から

不在者投票宣誓書兼請求書の送付先

郵便番号:856-8686

大村市玖島1丁目25番地

大村市選挙管理委員会宛

電話番号:0957-53-4111(内線:340・341)

(2)指定施設における不在者投票

手続は(1)とほぼ同じです。投票用紙などは、病院長などを通じて請求することができ、投票は病院長などの管理する場所で行います。

「指定施設」とは、都道府県の選挙管理委員会が不在者投票のために指定した次の施設です。

  • 長崎医療センター
  • 市立大村市民病院
  • 長崎県精神医療センター
  • 大村共立病院
  • 貞松病院
  • 南野病院
  • 慈恵荘
  • 泉の里
  • 箕望荘
  • サンライフ
  • ベイサイド大村
  • 湧泉荘
  • 三彩の里
  • 大村パールハイム

おしらせ

障がいなどのため候補者氏名を書くことができない場合は「代理投票」や「点字投票」ができます。
・身体に重度の障がいがある人は、「郵便投票」がご利用できます。詳しくは選挙管理委員会へお問い合わせください。
・投票入場券がなくても大村市選挙人名簿に登録があれば投票できます。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

大村市選挙管理委員会事務局  

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:341)