スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 市政情報 > 大村市紹介 > 施策・計画 > 施策 > 第5次大村市総合計画 > 第5次大村市総合計画(案)に係るパブリックコメントの募集結果について

ここから本文です。

更新日:2016年9月5日

第5次大村市総合計画(案)に係るパブリックコメントの募集結果について

1.パブリックコメント募集の状況

  • 募集期間・・・平成28年6月28日(火曜日)から平成28年7月27日(水曜日)まで
  • 閲覧場所・・・市ホームページ、市役所市政情報コーナーおよび企画調整課窓口、市内各出張所
  • 提出方法・・・書面提出、ファクス、電子メール

2.意見の提出状況

  • 提出件数・・・3件(2人)
  • 意見の要旨・・・次のとおり
  • 市の考え方・・・次のとおり

3.意見の要旨と市の考え方

1.タバコによる健康被害の防止について

市民の健康寿命を短縮させる要因となっているタバコについて次の施策が必要である。

  • 公共性の高い施設での全面禁煙ルールの確立
  • 乳幼児の保護者に対する禁煙促進
  • 子どもや青少年の喫煙および受動喫煙の防止
  • 男女共同参画社会を推進するうえでの女性の健康づくりのための喫煙および受動喫煙の防止
  • 歯と口腔の健康づくりを推進するうえでの喫煙および受動喫煙の防止

市の考え方

タバコが健康に及ぼす影響については、その重要性について認識しており、妊婦の健康相談や特定健診後の保健指導などにおいて、タバコの害を周知するとともに、公共施設における敷地内禁煙や建物内禁煙に取り組んでいるところです。今後も、いただいた意見を参考に、タバコの害から市民の健康を守る取り組みを継続していきます。

2.新幹線車両基地の観光資源としての活用について

現在、「新幹線を活かしたまちづくり」の施策に少し観光資源化について記載してあるが、総合計画の柱として大きく扱い、JRなどと連携し積極的に取り組むことが必要ではないか。

市の考え方

新幹線車両基地につきましては、本市としましても、貴重な観光資源という認識をもっており、チャンスととらえています。このため、車両基地を最大限に活用した誘客の方策を、今後ともJR九州と協議・検討していきたいと考えております。

3.新幹線車両基地の観光資源としての活用について

「鉄の駅」との名称で市民にもわかり易く盛り込んではどうか。(市議会で前市長が計画に盛り込む旨の答弁があったと思います。)

市の考え方

平成26年9月議会において前市長が「鉄の駅」という名称を総合計画に明記するという答弁を行いました。しかし、車両基地の「鉄の駅」構想につきましては、JR九州と協議・検討している段階にあるため、今回の計画には記載できないと判断しております。

よくある質問

お問い合わせ

企画政策部企画政策課政策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:226)

ファクス番号:0957-54-0300