スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2018年4月17日

手話・要約筆記に関する講座情報

大村市では、聴覚に障がいがある方のとのコミュニケーションを支援するため、手話や要約筆記に関する講座を開催します。

手話や要約筆記について

手話とは

手話は手や体の動き、表情などにより思いや考えを伝える手段であり、聴覚障がい者の「言語」として用いられています。

大村市では、「手話は言語である」という認識に基づき、「大村市手話言語条例」を2017年12月に制定し、2018年1月から施行されています。

(参考)

要約筆記とは

聴覚に障がいがある人とのコミュニケーション手段は「手話」と思われがちですが、人生の途中で聞こえなくなった中途失聴者や難聴者が手話を覚えることは簡単ではありません。主に、手話を習得していない中途失聴や難聴の人が利用する情報保障の一つです。

話の内容をその場で文字にして伝えるのですが、「話すスピード」は「書く(入力)スピード」よりも数倍も速くて全部は文字化できないため、話の内容を要約して筆記するので「要約筆記」といいます。要約筆記の主な方法は、手で書く「手書き要約筆記」とキーボートで入力する「パソコン要約筆記」があります。

手話奉仕員養成講座(入門・基礎)

手話による一般的な挨拶や、簡単な日常会話ができる人を養成します。

募集内容

入門講座:初めて手話を学ぶ人

基礎講座:入門講座を修了した人

対象

高校生以上の人(高校生は保護者の同意が必要です)

開催時間

平成30年6月5日~平成30年11月27日(毎週火曜日)

昼間:午前9時30分~午前11時30分(昼間講座は託児サービスがあります)

夜間:午後7時~午後9時

費用

テキスト代3,240円

会場

大村市総合福祉センター(大村市西三城町8番地)

申込み方法

往復はがきに、次の内容を記入の上、大村市障がい福祉課までお申し込みください。

  1. 住所
  2. 氏名
  3. 生年月日
  4. 電話番号
  5. 勤務先(学校名)
  6. 講座(昼夜の区分も明記)
  7. 受講動機

(託児希望の場合は記載)

申込締切平成30年5月18日(金曜日)消印有効

手話通訳者養成講座(通訳1)

手話による通訳に関し、専門的な技術や知識を有する方を養成します。

対象

手話奉仕員養成講座基礎課程を修了した人

開催時間

平成30年5月9日~平成31年2月6日(毎週水曜日)

午後7時~午後9時(全37回)

3年連続講座のため、次回の〈通訳1〉講座開講予定は2021年度です

【受講イメージ】

手話通訳者講座イメージ

費用

テキスト代3,024円

会場

大村市総合福祉センター(大村市西三城町8番地)

申込み方法

往復はがきに、次の内容を記入の上、大村市障がい福祉課までお申し込みください。

  1. 住所
  2. 氏名
  3. 電話番号・FAX番号
  4. 基礎課程修了証取得年度
  5. 受講動機

申込締切平成30年4月20日(金曜日)必着

面接を実施します

日時:平成30年4月25日(水曜日)午後7時~

場所:大村市総合福祉センター(大村市西三城町8番地)

4月25日(水曜日)の参加が困難な場合、5月1日(火曜日)午後7時にも面接を実施しますので、「面接5月1日希望」とはがきに記載してください。

要約筆記者養成講座

募集内容

手書きコースまたはパソコンコース(Windowsのパソコンを持参してください。)

対象

高校生以上の人(高校生は保護者の同意が必要です)

開催時間

平成30年5月19日~平成30年11月24日(毎週土曜日)午前10時~午後3時(託児サービスがあります)

費用

テキスト代3,600円

会場

大村市総合福祉センター(大村市西三城町8番地)

申込み方法

往復はがきに、次の内容を記入の上、大村市障がい福祉課までお申し込みください。

  1. 住所
  2. 氏名
  3. 生年月日
  4. 電話番号
  5. 希望コース(託児希望の場合は記載)

申込締切平成30年5月2日(水曜日)消印有効

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課生活支援グループ

856-0832 大村市本町458番地2 中心市街地複合ビル2階

電話番号:0957-20-7306

ファクス番号:0957-47-5419