スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障害者福祉 > 相談支援 > 大村市障害者虐待防止センター

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

大村市障害者虐待防止センター

「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)の施行にともない、障害者への虐待に関する通報や相談の窓口となる「大村市障害者虐待防止センター」を設置しました。
障害者への虐待を発見したり、虐待の疑いがあると思われたときは大村市虐待防止センターへご連絡ください。
通報された人の個人情報に関しては、受けた側に守秘義務があり、慎重に取り扱われます。また、匿名による通報も受け付けます。

障害者虐待とは

対象となる障害者

身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)のある人や、心身の障害や社会的な障壁により日常生活や社会生活が困難な人。障害者手帳の有無は問いません。

虐待の種別

  1. 養護者による虐待:障害者の生活の世話をしている家族、親族、同居人による虐待
  2. 福祉施設従事者による虐待:障害者福祉施設や障害福祉サービス事業所で働いている職員による虐待
  3. 使用者による虐待:障害者を雇っている事業主や職員による虐待

虐待の内容

  1. 身体的虐待:障害者の体に傷や痛みを負わせる暴行を加えることや、正当な理由なく身動き取れない状態にすること
  2. 性的虐待:障害者に無理やりわいせつなことをしたり、させたりすること
  3. 心理的虐待:障害者を侮辱したり、拒絶するような言葉や態度で、精神的な苦痛を与えること
  4. 放棄・放任(ネグレクト):食事や入浴、洗濯、排せつなどの身辺の世話や介助をせず、障害者の心身を衰弱させること
  5. 経済的虐待:本人の同意なしに財産や年金などを使ったり、正当な理由なく金銭を与えないこと

「何かおかしいな?」と気づいたら虐待防止センターへご連絡ください

障害者の虐待は特定の人や家庭、場所ではなくどこでも起こりうる問題です。
虐待をしている人に、虐待をしている認識がない場合があります。
虐待を受けている人が虐待だという認識がない、また、恐怖心などで自分から訴えることができない場合があります。
虐待の早期発見、防止には市民の皆さんの虐待に対する認識と協力が必要です。

通報・相談の連絡先

大村市西三城町8番地大村市総合福祉センター内(平成27年4月1日から)

大村市虐待防止センター
通報・相談専用ダイヤル
電話番号:0957-52-5063
ファクス番号:0957-54-1365

生命に危険がおよぶような事態のときは迷わず110番通報してください。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課自立支援給付グループ

856-0832 大村市本町458番地2 中心市街地複合ビル2階

電話番号:0957-20-7306

ファクス番号:0957-47-5419