ホーム > まちづくり・産業 > 産業振興 > 中小企業支援 > 補助金・融資など > > 事業復活支援金について【令和4年1月31日から令和4年5月31日まで】

ここから本文です。

更新日:2022年2月10日

事業復活支援金について【令和4年1月31日から令和4年5月31日まで】

国において、新型コロナウイルス感染症の拡大や長期化に伴う需要の減少または供給の制約により、大きな影響を受け、自らの事業判断によらず売上が大きく減少している中堅企業、中小企業その他の法人などおよびフリーランスを含む個人事業者に対して、2021年11月から2022年3月までの期間における影響を緩和して、事業の継続および立て直しのための取り組みを支援するため、事業全般に広く使える「事業復活支援金」が実施されます。

事業復活支援金

詳細は、次のホームページをご確認ください。

経済産業省ホームページ(外部サイトへリンク)

事業復活支援金事務局ホームページ(外部サイトへリンク)

申請期間

2022年1月31日(月曜日)から2022年5月31日(火曜日)

事業復活支援金の事前確認

事業復活支援金では、不正受給や誤って理解したまま申請してしまうことの対応として、事務局が登録した「登録確認機関」の事前確認を受ける必要があります。

ただし、過去に一時支援金または月次支援金を受給している場合、原則として、事業復活支援金の申請を行う際に改めて事前確認を受ける必要はありません。

事前確認に関する詳細及び登録確認機関の検索は、事業復活支援金事務局のホームページをご確認ください。

事業復活支援金事務局(事前確認に関する詳細)ホームページ(外部サイトへリンク)

事業復活支援金事務局(登録確認機関検索)ホームページ(外部サイトへリンク)

事業復活支援金の申請サポート会場

事業復活支援金の申請は、事業復活支援金事務局ホームページで電子申請(インターネットを利用した申請)を行っていただくことを基本としていますが、ご自身で電子申請を行うことが困難な人のために、申請サポート会場にて補助員が電子申請の手続きをサポートします。

申請サポート会場の利用の際には、事前に次の対応が必要です。

  1. 申請仮登録ページまたは相談窓口で申請IDを発行する
  2. 必要書類を準備する
  3. 登録確認機関での事前確認を受ける

既に一次支援金または月次支援金を受給された人は、原則、1と3の対応は不要です。申請パターンなどにより必要になる場合がありますので、あらかじめ申請要領をご確認ください

申請サポート会場に関する詳細は、事業復活支援金事務局のホームページをご確認ください。

事業復活支援金事務局(申請サポート会場に関する詳細)ホームページ(外部サイトへリンク)

国が設置する申請サポート窓口

【場所】ホテルセントヒル長崎(長崎市筑後町4番10号)

【開場時間】9時から17時(休館日:毎週土曜日、祝日)

事前予約が必要です。ホームページまたは電話で事前予約ができます。

事業復活支援金事務局ホームページ(外部サイトへリンク)

問い合わせ先

事業復活支援金事務局相談窓口

電話番号:0120-789-140

受付時間:8時30分から19時まで(土曜日、日曜日、祝日含む全日)

県が設置する事業復活支援金の申請サポート窓口

【場所】各地域の振興局(全7箇所)

事前予約が必要です。

開設場所や予約方法などの詳細は県ホームページをご確認ください。

長崎県ホームページ(外部サイトへリンク)

市が設置する事業復活支援金の申請サポート窓口

市では、市内の事業所の方を対象に、事業復活支援金の申請サポート窓口を設置しています。

詳細は、市ホームページをご確認ください。

【緊急経済対策第10弾】事業復活支援金の申請サポート窓口について

よくある質問

お問い合わせ

産業振興部商工振興課産業振興グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:249)

ファクス番号:0957-54-7135