スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 妊娠・出産 > 助成 > 大村市不育症治療費助成制度

ここから本文です。

更新日:2015年7月16日

大村市不育症治療費助成制度

大村市では、不育症治療を受けた人の経済的な負担を軽減するために、治療費の一部を助成します。

対象となる検査・治療

平成27年4月1日以降に、一般社団法人日本生殖医学会が認定した生殖医療専門医が所属する医療機関(これと同等の能力を有する医療機関を含む)が行う不育症の治療および当該治療に係る検査が対象となります。

(注)次に掲げる費用は、助成の交付の対象となりません。

  1. 医療保険各法の規定に基づく保険給付が適用される不育症治療に係る費用。
  2. 入院時の差額ベッド代、食事代、文書料などの費用。

対象条件

  1. 法律上の婚姻をしており、対象者またはその配偶者が申請をする日の1年以上前から本市に住所を有し、かつ、本市の住民基本台帳に記録されていること。
  2. 市税の滞納がないこと。
  3. 対象者およびその配偶者の前年の所得の合計が730万円未満であること。

助成金額

不育症治療をを開始した日から最初の妊娠に関する出産(流産、死産等を含む。)に伴う治療が終了するまでの期間に係る費用の2分の1とし、1年度につき1回、上限が30万円となります。

申請期間

治療に係る費用の支払いが終了した日の属する月の翌月から起算して6月以内に申請してください。

申請方法

次の書類を添えて大村市こども家庭課に助成の申請をしてください。

  1. 大村市不育症治療助成金交付申請書
  2. 大村市不育症治療実施証明書
  3. 医療機関の発行する領収書及び診療明細書
  4. 夫婦であることを確認できる書類
  5. 前年の申請者およびその配偶者の所得の額を証明する書類

よくある質問

お問い合わせ

こども未来部こども家庭課親子けんこうグループ

856-0832 大村市本町413番地2 大村市こどもセンター

電話番号:0957-54-9100

ファクス番号:0957-54-9174