スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 長期療養などにより予防接種を受けることができなかった人へ

ここから本文です。

更新日:2017年6月28日

長期療養などにより予防接種を受けることができなかった人へ

がんや慢性心疾患などの長期療養を必要とする病気にかかるなど特別の事情により、定期の予防接種を受けることができなかった人は、定期接種対象外の年齢においても定期の予防接種として接種できます(公費負担)。主治医とご相談のうえ、申請してください。

対象ワクチン

ジフテリア、百日せき、ポリオ、麻しん、風しん、日本脳炎、破傷風、結核、Hib、小児用肺炎球菌、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)、水痘、B型肝炎、成人用肺炎球菌感染症(高齢者)

対象者

対象ワクチンの予防接種の対象者であった間に、長期療養などの特別の事情により予防接種を受けることができなかったと認められる人。その特別の事情が解消し予防接種が可能となってから2年を経過するまでの間にある人。

ただし、次の予防接種は年齢の上限が決められています。

  • ジフテリア、百日せき、ポリオおよび破傷風については、15歳(四種混合ワクチンを使用する場合に限る)に達するまで。
  • 結核については、4歳に達するまで。
  • Hibについては、10歳に達するまで。
  • 小児用肺炎球菌については、6歳に達するまで。
  • 成人用肺炎球菌感染症については、当該特別の事情がなくなった日から起算して1年を経過する日まで。

手続き

  1. 市に申請書を提出してください。その際に、特別の事情があり、接種ができなかった事を確認させていただきます。
  2. 市から主治医へ意見書の記載を依頼します。
  3. 主治医の意見書を確認して、市からご本人に接種依頼書をお送りしますので、それを持って医療機関で接種してください。

よくある質問

お問い合わせ

こども未来部こども家庭課親子けんこうグループ

856-0832 大村市本町413番地2 大村市こどもセンター

電話番号:0957-54-9100

ファクス番号:0957-54-9174