スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:年金・保険 > 国民年金 > 国民年金加入者のために、基礎年金に上乗せして支給される国民年金基金制度について教えてください。

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

国民年金加入者のために、基礎年金に上乗せして支給される国民年金基金制度について教えてください。

質問

国民年金加入者のために、基礎年金に上乗せして支給される国民年金基金制度について教えてください。

回答

自営業者などで国民年金だけに加入している人と、会社員のように国民年金と厚生年金の両方に加入している人では、将来の年金受給額に大きな差が生じます。
この差を埋めるために、老齢基礎年金(国民年金)に上乗せできる公的な年金制度としてできたのが国民年金基金です。

・加入できるのは、国民年金第1号被保険者及び日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の国民年金任意加入の方です。
・農業者年金被保険者および免除者は、国民年金基金に加入できません。
・付加と国民年金基金は同時に加入できません。付加加入している方が国民年金基金に加入すると付加は喪失となります。
・加入は口数制で、年金額や給付の型は加入者が自分で選択できます。
・掛金は全額社会保険料控除の対象となり、所得税や住民税が軽減されます。
・基金から支給される年金は公的年金等控除の対象となります。

お問い合わせ

市民環境部市民課年金グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:113)

ファクス番号:0957-27-3322