スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:戸籍・住民登録 > 証明書の発行 > 本人以外の住民票や戸籍証明は発行できますか

ここから本文です。

更新日:2017年4月13日

本人以外の住民票や戸籍証明は発行できますか

質問

本人以外の住民票や戸籍証明は発行できますか

回答

[住民票の場合]
1.同一世帯の人は請求できます。請求の際、本人確認書類が必要です。
2.上記以外の代理人の請求には委任状および窓口に来た人の本人確認書類が必要です。

[戸籍証明の場合]
1.戸籍に記載されている人、その配偶者および直系親族は請求できます。請求の際、本人確認書類が必要です。
2.上記以外の代理人の請求には、委任状および窓口に来た人の本人確認書類が必要です。

上記以外が証明を請求する場合、応じられるかは個々によって異なります。
本人確認書類と請求理由を確認できる資料を提出してください。

[住民票の場合]
1.自己の権利行使または義務履行のために住民票の記載事項を確認する必要がある場合。
2.国または地方公共団体の機関に提出する必要がある場合。
3.住民票の記載事項を利用する正当な理由がある場合。

[戸籍証明の場合]
自己が法定相続人となる遺産相続など権利行使を目的として戸籍の記載事項を確認する場合には、請求理由等を確認できれば戸籍謄本(戸籍記載事項証明を含む)の交付請求ができ、委任状は必要ありません。

詳しくは市民課へお問い合わせください。

お問い合わせ

市民環境部市民課窓口グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:102)

ファクス番号:0957-27-3322