スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 年金・保険 > 介護保険 > サービスを利用するまでの流れ

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

サービスを利用するまでの流れ

介護サービスを利用するには、申請をして要介護認定を受ける必要があります。介護サービスを利用するまでの流れは以下のようになっています。

1

申請

介護サービスの利用を希望する人は長寿介護課(中心市街地複合ビル2階)で「要介護・要支援認定」の申請をしてください。

【申請に必要なもの】

  • 要介護・要支援認定申請書
  • 介護保険被保険者証
  • 健康保険被保険者証(第2号被保険者の場合)

2

認定調査

市が本人の体の状態について調査をします。

【訪問調査】

職員が自宅を訪問し本人の心身の状況などについて調査をします。

【主治医の意見書】

主治医に心身の状況についての意見書を作成してもらいます。(主治医がいない人は、大村市が指定した医師の診断を受けていただきます。)

3

審査・判定

訪問調査の結果と、医師の意見書をもとに、保健・医療・福祉の専門家から構成される「介護認定審査会」で審査し、要介護状態区分を判定します。

4

認定・通知

「介護認定審査会」の審査結果にもとづいて「要支援1・2」「要介護1~5」「非該当」までの区分に分けて認定され、その結果を通知します。

5

介護サービス計画の作成

(1)要支援1・2、非該当の人

心身の状態に合わせたサービスを受けるため、介護予防サービス計画を地域包括支援センターで作成します(計画作成には地域包括支援センターへの依頼・契約が必要です)。

(2)要介護1~5の人

心身の状態に合わせたサービスを受けるため、介護サービス計画を居宅介護支援事業者で作成します(計画作成には居宅介護支援事業者への依頼・契約が必要です)。

 

 

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課介護給付グループ

856-0832 大村市本町458番地2 中心市街地複合ビル2階

電話番号:0957-20-7301

ファクス番号:0957-53-1978