スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 教育方針 > 大村市いじめ防止基本方針

ここから本文です。

更新日:2014年4月14日

大村市いじめ防止基本方針

はじめに

平成25年6月28日「いじめ防止対策推進法」が公布され、同年9月28日に施行されました。
この法律は、いじめの防止などのための対策に関し、国および地方公共団体などの責務を明らかにするとともに、いじめの防止などのための対策に関する基本的な方針の策定や、基本となる事項を定めたものです。

さらに、平成25年10月11日、国の「いじめの防止などのための基本的な方針」が策定されました。

大村市教育委員会では、いじめ防止に向け、「いじめは人間として絶対に許されない卑怯な行為であること」を学校の教育活動全体を通じて児童生徒一人一人に徹底することを基本姿勢とし、「いじめは、どの子どもにも、どの学校にも起こりうるものである」という認識のもと、対策を進めてきました。
実態把握のため、文部科学省が毎年行っている「問題行動等調査」に加え、毎月実施している『「長期欠席児童生徒」および「いじめの実態」報告』やいじめかどうか疑わしい事案も含めた随時の報告により、学校と情報を共有し、ともにその解決に向け取り組んでいるところです。


また、いじめ問題の早期発見・早期対応のために「いじめ対策ハンドブック」や「いじめ問題への取組についてのチェックポイント」の校内研修などでの活用を促し、学校の対応力の向上を図るとともに、スクールカウンセラーや心の教室相談員の配置や派遣、スクールソーシャルワーカーの派遣による教育相談体制の充実を図るなど、さまざまないじめ防止対策に取り組んできたところです。

大村市いじめ防止基本方針は、これまでの取り組みに加え、国や県の基本的な方針を参酌し、さらなるいじめの防止、いじめの早期発見および対処のための対策を、総合的かつ効果的に推進するために策定したものです。
本基本方針に示したいじめの防止などの対策は、いじめを受けた児童生徒の生命、心身を保護することが特に重要であることを認識しつつ、市、学校、家庭、地域住民その他の関係者の連携のもと、いじめの問題を克服することを目指して行うものです。


よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育課教育指導グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館4階

電話番号:0957-53-4111(内線:364)

ファクス番号:0957-52-9700