スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:年金・保険 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の保険料の計算について教えてください。

ここから本文です。

更新日:2013年2月26日

後期高齢者医療制度の保険料の計算について教えてください。

質問

後期高齢者医療制度の保険料の計算について教えてください。

回答

保険料の計算方法
一人ひとりが被保険者となり、保険料は被保険者が等しく負担する「均等割額」と、被保険者の前年の所得に応じて負担する「所得割額」の合計です。
均等割額と所得割率は、長崎県後期高齢者医療広域連合で2年ごとに改定しています。
平成24年度と平成25年度の計算方法は、次のとおりです。
年間保険料=均等割額(44,600円)+所得割額((前年の総所得金額-33万円)×8.23%)

・「前年の総所得」には、遺族年金・障害年金・恩給などの非課税所得は含まれません。
・年度途中で後期高齢者医療制度に加入・喪失された人は、年間保険料が月割計算されます。例えば、9月10日に加入の場合、9月から翌年3月までの7か月分の保険料が賦課されますので、「年間保険料」×「12分の7」という計算です。

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課後期高齢者医療グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:110)

ファクス番号:0957-53-5572