ホーム > くらしの情報 > 安全・安心 > 防災 > ハザードマップ > ため池浸水想定区域図

ここから本文です。

更新日:2021年4月23日

ため池浸水想定区域図

今後、地震などにより万が一、ため池の堤体が決壊した場合、人家などに大きな影響をあたえる恐れのあるため池について浸水想定区域図を作成しました。

「浸水想定区域図」とは

大雨や地震により、ため池の堤体が決壊した場合に想定される浸水区域、浸水深を地図に表示しています。

この地図を参考に、迅速かつ安全に避難するために役立てていただくのが「浸水想定区域図」です。

なお、浸水想定区域図が作成されているため池が、ただちに危険であることを示すものではありません。

注意事項

浸水想定区域図は、あくまで被害を想定したものであり、実際の災害による被害は、想定の浸水区域、浸水深を上回る可能性や想定と異なる場合があります。

浸水想定区域図

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業振興部農林水産整備課耕地グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 第2別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:258)

ファクス番号:0957-54-9567