スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2017年7月27日

医療費の自己負担割合

病気やケガをして医療機関にかかる場合は、保険証を医療機関の窓口に提示すると、医療費の一部(自己負担割合分)を支払うだけで治療を受けることができます。

自己負担割合

  自己負担割合
70歳から74歳 2割(注意1)または3割
6歳から69歳 3割
6歳未満(注意2) 2割

(注意1)誕生日が昭和19年4月1日以前の人は、引き続き1割に据え置かれます。

(注意2)6歳の誕生日以降の最初の3月31日までは2割負担です。ただし、6歳の誕生日が4月1日の場合はその前日まで2割負担となります。

70から74歳までの人

医療機関にかかる際は、保険証といっしょに「高齢受給者証」を医療機関の窓口に提示してください。

70歳から74歳までの人については、所得により2割(注意1)または3割負担となります。

所得区分と負担割合

現役並み所得者

  • 同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上の国保被保険者がいる人
  • 負担割合:3割

一般

  • 上記課税所得未満の人(非課税世帯も含む)
  • 負担割合:2割(誕生日が昭和19年4月1日以前の人は、特例措置により1割)

高齢受給者証

70歳になられた翌月(1日生まれの人はその月)から該当になります。該当される人については、70歳になられた月の月末(1日生まれの人は前月末)までに、「高齢受給者証」を郵送します。申請手続きは、特に必要ありません。

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課国保医療グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:110)

ファクス番号:0957-53-5572