スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

国民健康保険が使えない診療について

次のような場合は、国保で治療を受けることができないため、全額自己負担となります。

保険診療以外のもの

  • 保険のきかない治療や薬、差額ベッド代、文書料など

病気とみなされないもの

  • 健康診断、集団検診人間ドッグ、予防注射
  • 美容のための処置や手術・歯列矯正
  • 軽度のわきがやしみ、そばかすなど日常生活に支障のない異常の治療
  • 正常な妊娠・出産、経済的理由による人工中絶など

仕事上のけがや病気

  • 雇用主が負担すべきものであり、労災保険の対象となります。

その他(国保の給付が制限される場合があります)

  • 故意の犯罪行為や故意の事故などが原因の病気やけが
  • けんかや泥酔などが原因の病気やけが・医師や保険者の指示に従わなかったとき
  • 少年院や刑事施設などに収容されたとき

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課国保医療グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:110)

ファクス番号:0957-53-5572