スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:年金・保険 > 国民健康保険 > 退職者医療制度について教えてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

退職者医療制度について教えてください

質問

退職者医療制度について教えてください

回答

退職者医療制度とは、被用者保険に一定期間以上加入していた人の医療費を、それらの保険組合からの拠出金により負担する制度です。
この制度は、平成20年4月の医療制度改革に伴って廃止となり、平成26年度末までの経過措置期間が終了したため、平成27年度以降は新規の適用はありません。
ただし、平成26年度末までの国民健康保険加入者で、この制度の該当になることが判明した場合は、さかのぼって適用し、65歳になるまで資格が継続されます。

[退職者医療制度の被保険者となる人]
(1)退職被保険者本人
65歳未満で国民健康保険に加入している。
厚生年金法や被用者年金各法の受給権があり、加入期間が20年以上、もしくは40歳以降で10年以上
(2)被扶養者(家族)
65歳未満で国民健康保険に加入している。
退職被保険者本人と同一世帯であり、主として退職被保険者本人の収入によって生活している配偶者および三親等内の親族。
年間収入額が130万円(60歳以上の人や障がい者の人は180万円)未満。
[届け出に必要なもの]
年金証書(加入期間および受給権取得日の記載があるもの)、保険証、印鑑
対象になる人でまだ切り替えの手続きをしていない人は、上記のものを持って国保けんこう課まで届出をしてください。
切り替えの手続きがされないと、拠出金で負担するべき医療費分まで国保が負担することになり、国保税の値上げにつながりかねないため、必ず届出をお願いします。
医療機関での自己負担割合や国民健康保険税率などは一般の国保と同じです。

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課国保医療グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:110)

ファクス番号:0957-53-5572