スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 子育て支援事業 > おおむら子ども・子育て支援プラン

ここから本文です。

更新日:2017年3月23日

おおむら子ども・子育て支援プラン

大村市では、子ども・子育て支援法に基づき、本市における子ども・子育て支援の方向性を示すため、平成27年度から平成31年度までを計画期間とした「おおむら子ども・子育て支援プラン(大村市子ども・子育て支援事業計画)」を策定しました。

平成27年4月の「子ども・子育て支援新制度」開始から2年目に入り、保育に係る需要の増加、新たな課題などが生じたことから、大村市子ども・子育て会議の意見を聴き、本プランの一部を見直し、改訂しました。

1改訂の理由

本市では人口増加に伴い、保育所(園)の需要の増加など計画策定後に状況が変化していることから、平成29年度から平成31年度までの教育・保育施設などの保育需要見込みおよび確保方策を見直しました。また、最近問題となっている子どもの貧困対策への取り組みを追加しました。

2改訂の内容

  • 第2章各論
    • 基本目標7に「(16)子どもの貧困に関する取組」を追加
      • 子どもの貧困について、市内の子どもの実態を把握するととともに、子どもの学習支援、生活支援や保護者への就労支援など貧困対策に取り組むことを明記しました。
  • 第3章教育・保育に係る事業計画
    • 「1圏域の設定」の地区別人口を平成28年5月1日現在時点に修正
      • 策定時の平成26年5月1日現在時点の人口を、直近の人口を基に保育等の需要の状況を把握するために、平成28年5月1日現在時点に修正しました。
    • 「2サービス毎の量の見込みと確保方策」の一部を見直し
      • 1号認定教育希望(認定こども園及び幼稚園)
      • 2号認定/3号認定(認定こども園及び保育園)
        • 過去の実績及び平成28年度実績見込みを基に、平成31年度までの需要と確保方策の計画を修正しました。
      • 実費徴収に係る補足給付を行う事業
        • 平成27年度から事業を開始したことから【現状と確保の方策】を修正しました。
      • 多様な事業者の参入促進・能力活用事業
        • 国による事業内容の見直し及び平成27年度から民間事業者が参入したことに伴い、【事業の内容】、【現状と確保の方策】を修正しました。
      • 放課後児童健全育成事業
        • 過去の実績及び平成28年度実績見込みを基に、平成31年度までの需要と確保方策の計画を修正しました。

ダウンロード

全体版

各章版

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども未来部こども政策課政策グループ

856-0832 大村市本町413番地2 大村市こどもセンター

電話番号:0957-54-9100

ファクス番号:0957-54-9174