スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 蚊媒介感染症に注意しましょう

ここから本文です。

更新日:2017年6月9日

蚊媒介感染症に注意しましょう

蚊媒介感染症

蚊媒介感染症とは、病原体を保有する蚊に刺されることによって起こる感染症のことです。

代表的な蚊媒介感染症には、デング熱、ジカウイルス感染症(ジカ熱)、チクングニア熱、日本脳炎、ウエストナイル熱、マラリアなどがあります。これらの感染症は主に熱帯、亜熱帯地域で流行しています。

日本においては日本脳炎以外の蚊媒介感染症は海外からの輸入感染症としてみられていますが、デング熱に関しては2014年に国内感染例が報告されました。

予防法

蚊媒介感染症を予防するためには、「蚊を発生させない対策」、「蚊に刺されない対策」が重要です。

蚊を発生させない対策

  • 植木鉢の受け皿や雨ざらしの用具などの水たまりの除去・清掃を行う
  • 風通しの悪いやぶ・草むらの下草を刈る

蚊に刺されない対策

  • 蚊が多くいるような場所へ出かける際は、長袖・長ズボンを着用し、できるだけ肌を露出しない
  • 虫よけ剤の使用などによって、蚊に刺されないよう注意する

関連情報

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課健診グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:152)

ファクス番号:0957-53-5572