スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 腸管出血性大腸菌感染症に注意しましょう

ここから本文です。

更新日:2017年9月22日

腸管出血性大腸菌感染症に注意しましょう

大腸菌は生活環境にありふれた細菌ですが、大腸菌のなかでも毒素を産生して、出血を伴う腸炎、血便、下痢などを引き起こす細菌が腸管出血性大腸菌です。

乳幼児や高齢者は重症化したり、集団感染を起こすことがあります。

予防のためには、手洗いを徹底しましょう。また、肉類は十分に加熱調理し、生野菜は水でよく洗うことが大切です。

詳しくは、次の関連情報をご確認ください。

関連情報

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部国保けんこう課健診グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:152)

ファクス番号:0957-53-5572