ホーム > まちづくり・産業 > 都市計画 > 景観 > 令和元年度大村市景観写真コンクール結果発表

ここから本文です。

更新日:2020年4月23日

令和元年度大村市景観写真コンクール結果発表

令和元年12月1日から令和2年1月31日にかけて募集しておりました大村市景観写真コンクールにおいて、195作品のご応募をいただき、次のとおり優秀作品3点、入選作品12点が決定しました。

今回ご応募いただいた作品は、大村市の魅力を発信する広報活動などに活用させていただきます。

たくさんのご応募ありがとうございました。

テーマ

「あなたの思う“おおむら”のよかところ」

地元ならではの風景・景色で自慢できるもの

大村市に訪れた際に、ついつい写真を撮りたくなるような風景・景色

その他、大村市にふさわしい景観だと感じるもの

優秀作品(3点)

take.nagasaki様【撮影場所:大村公園】

大村公園は日本さくら名所百選に選ばれています。また、5月下旬になると九州最大級を誇るおよそ30万本もの花菖蒲が咲きます。

watawatawatage様【撮影場所:萱瀬ダム】

郡川に位置する重力式コンクリートダムである萱瀬ダムは2000年に完成しました。堤高が65.5mあり、大村市最大の水源となっています。

北野育恵様【撮影場所:向陽学園グラウンド(野岳)】

野岳キャンプ場に向かって県道を進むと、向陽学園のグラウンドが見えてきます。近くには農林水産省のため池百選に選定されている野岳湖が広がる自然豊かな場所です。

入選作品(12点)

外田優様【撮影場所:森園公園】

大村空港へ続く箕島大橋の入り口にある森園公園は、大村湾に面し潮風を感じられる公園です。イベントや野外ライブなどのイベントなどに利用されています。

小川和真様【撮影場所:アーケード】

大村駅の近くに位置する本町アーケードは、江戸時代に全長約230キロメートルの長崎街道が通り、古くから人の行き交う場所となっています。

本田邦彦様【撮影場所:草場小路】

大村城下五小路の一つである草場小路は、武家屋敷街で最も北にある通りで、地名をとって名付けられました。美しい五色塀や旧円融寺庭園など見ることができます。

hashiguchihirofumi様【撮影場所:萱瀬ダム】

国道444号線沿いにある萱瀬ダムの旧堤体は昭和37年に完成しました。度重なる台風豪雨により下流で被害を受け、長崎県で初めてかさ上げ工事が行われたダムです。

江口徳郎様【撮影場所:大村公園】

大村公園内に跡が残る玖島城は、慶長19年に大改修を行い、高く反り返る石垣へと造りかえました。現在も当時のまま良く残っており、特に南堀に面した石垣の美しい勾配は壮観です。

長谷川裕二様【撮影場所:野岳湖公園】

農林水産省のため池百選に選定されている野岳湖は、寛文元年に深澤儀太夫が1年7か月の歳月をかけて完成した、周囲3キロの人造湖です。

島信行様【撮影場所:山田の滝】

大上戸川にある山田の滝は、昭和12年に風致地区に定められており、古くから残るとても景色の優れた場所です。

江嶋俊郎様【撮影場所:日岳公園】

三浦半島にある日岳公園は、眺望抜群の公園であり、長崎空港に発着する飛行機を間近に見ることのできる人気のスポットです。

福嶋良治様【撮影場所:玖島春日神社参道】

長崎街道沿いの町墓をすぎると、春日神社の参道につきあたります。2代藩主純頼が亡くなった際に、純頼の妻が奈良春日大社に大村藩の存続を祈願し、願いがかなったことに感謝して、奈良春日大社の分霊を祭ったものが始まりです。

 

渡邉静雄様【撮影場所:釜川内どんぎゅう山頂】

三浦半島にあるどん牛山は、大村湾や長崎空港、大村市街を間近に一望できる穴場スポットで、4月初旬には、桜のトンネルとあわせて景色を楽しむことができます。

 

carpediem011001様【撮影場所:森園公園】

空港入り口にある約4.8ヘクタールの敷地を持つ公園で、潮風を感じながら空港や沈む夕日を眺めることができます。

森滋美様【撮影場所:大村公園】

大村公園内に跡の残る玖島城は、初代藩主大村喜前(よしあき)が慶長3~4年に築城してから12代藩主純熈(すみひろ)の代(幕末)まで、270余年間大村氏の居城でした。

よくある質問

お問い合わせ

都市整備部都市計画課景観開発指導グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 第2別館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:433)

ファクス番号:0957-54-9595