スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 観光情報 > おおむらの魅力70選 > 食の魅力 > 2 食事とスイーツ > 2-3おおむら夢ファームシュシュ

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

2-3おおむら夢ファームシュシュ

平成23年3月時点の情報です。

内容についての最新情報、詳細などのお問い合わせは、下記「お問い合わせ」先までお願いします。

大村自慢の農産物をさらにおいしく

「お気に入り」の店は超人気

「おおむら夢ファームシュシュ」は、農家8人で運営を行い、年間49万人が訪れる地域の交流拠点施設です。最近は韓国など海外との交流も行われています。シュシュはフランス語で「お気に入り」という意味です。

平成8年、ビニールハウスで農産物直売所「新鮮組」を開いたのが始まりです。翌年、農産加工施設「手作りジェラートシュシュ」をオープン、その後、「ブドウ畑のレストラン」やアイス工房・パン工房・洋菓子工房などの開設、農業塾開校など、次々と業容を拡大してきました。

平成19年全国地産地消コンクールで農林水産大臣賞、平成20年オーライニッポン大賞審査委員会長賞、同年「シュシュプリン」で日本農業新聞一村逸品大賞金賞、平成21年グリーンツーリズム大賞など、地域と連携した取組を高く評価されました。

こうした活動や受賞が反響をよび、全国各地より年間約1万人の視察の方が訪れるようになりました。「私は全国の成功事例を学び、講演を聞きに来てくださる方は私の経験を学ぶ、好循環なんですよ」と、山口社長は言います。講演回数が増えるたびに人脈は広がり、いまでは海外にまで及んでいるそうです。

構成員は専業農家8戸ですが、シュシュで働く従業員は80人。さらに、シュシュを支える会員38人からなる農家を主体とした「大村市グリーンツーリズム推進協議会」があり、このうち4戸が農家民泊を推進しています。

丸太造りの大きな建物はシュシュの目印

人気の秘密は徹底的なこだわり

シュシュの人気と成長の秘密について、山口社長に聞いてみました。

「原料、地元産、新鮮、旬に徹底的にこだわっています。お客さまは同じものは飽きるので、つねに品種を変え、季節感を出して販売しています。産直野菜はスーパーなどに並んでいるのと違って形は不ぞろいですが、味は最高です。おいしいものは売れます。売れるということは、牛や豚にもいいエサを与えることができるし、なによりも農家の励みになります。」

シュシュでは、市場には出ない完熟した最高においしい農産物を利用して、アイスクリーム、洋菓子、ジュース、ジャム、ゼリーなどの加工品を作ったり、レストランでの食材に活用したりしています。

これからの商品開発について、山口社長は「食材と加工品のセット販売をしたい。たとえば、生野菜と肉でレトルトカレーを作ることができないか。米を製粉する機械を県内の業界が共同で購入して、米粉パンを低価格で作ることができないか。そうすればお米の消費拡大につながります」

山口社長の頭にあるのは、「農業の6次産業化」です。6次産業化ができれば、農産物の価格が安定し、若者の雇用の場も増えるからです。

社長おすすめの商品

旬の農産物のジェラート

こだわり社長のおすすめ商品を紹介します。

  • アイスクリーム、シャーベット:大村産の新鮮で完熟したくだものや野菜が使われています。
  • ケッコーイケてるプリン:日本農業新聞一村逸品大賞金賞を受賞した1品。小玉さんの卵と、山下さんが作る新鮮な牛乳が使われています。味が濃くおいしいと評判です。
  • 永尾さんの寄せ豆腐:人気の秘密は「永尾豆腐店」をお読みください。
  • 今道さんのトマト:人気の秘密は「大村産の野菜と花」をお読みください。

このほかにも、控えめですが山口社長おすすめの商品があります。「なるちゃんの豚肉」。山口成美さんちの豚肉です。

お問い合わせ

農業生産法人 有限会社シュシュ

所在:〒856-0005大村市弥勒寺町486
電話番号:0957-55-5288

よくある質問