スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

1-3琴平スカイパーク

平成23年3月時点の情報です。

内容についての最新情報、詳細などのお問い合わせは、下記「お問い合わせ」先までお願いします。

お客さまを最初に案内したい公園

絶景をめで、スポーツを楽しむ自然公園

大村を訪れたお客さまをいの一番に案内したくなるところが、琴平スカイパークです。見晴らしがよく、大村市を説明するには最適の場所だからです。

大村市の郊外に位置する標高330mの琴平スカイパークは、約7haの規模を持つ自然公園です。多良連山の雄大な山並みをバックに、眼下には大村市内はもちろん、世界初の海上空港「長崎空港」の浮かぶ大村湾、遠くは島原市の雲仙や佐世保市の西海橋、新西海橋まで一望できます。

ここはパラグライダーの名所としても知られており、週末には色とりどりのパラグライダーが空を舞っている姿が見られます。平成26年に開催される「長崎がんばらんば国体」の、パラグタイダーのデモスポ会場として利用されることになっており、パラグライダーファンが全国から集まってくることでしょう。

また、晴れた夕暮れどきには、西彼杵半島に沈む夕日と、オレンジ色に照らされた大村湾が絶景です。毎年8月1日から始まる「おおむら夏越(なごし)まつり」の宵(よい)祭の日に打ち上げられる花火も、最高のロケーションから見ることができます。

平成14年のリニューアルオープンに伴い、新たに登場したのが桜の並木道と999段の階段です。運動不足を感じている人には少しきついかもしれませんが、登りきったときの達成感は格別です。一度、挑戦してみてください。展望広場から見る大村の街並みが、心に残ることウケあいです。

スカイパーク内には、全長99.9mのローラースライダーやパターゴルフ(9ホール)、草そり(70m)など、さまざまな遊具が整備されており、家族連れで楽しむことができます。

帰りには、原町方向へ下ったところにある社会福祉法人「三彩の里」に立ち寄り、陶器鑑賞といきませんか。きっと気分が癒されると思います。おいしい手づくりパンもあります(月曜日~金曜日営業)。

気持ちいい眺め

展望所の建て替えを機にリニューアル

本当に999段ある階段琴平スカイパークは、かつて琴平岳とよばれハイキングコースとして親しまれていました。平成14年に展望所が建て替えられた際、市民の憩いの公園として、また観光地として、再整備されました。近くには大村ハイテクパークやオフィスパーク大村があり、進出企業の従業員の方にも大村市を一望してリフレッシュしてほしい、との願いが込められています。

999段の階段については、かつては960段程度あったものを、999段にするために数ミリ単位で高さを調整したというエピソードが残っています。また、階段には不要になった鉄道の枕木が使われていますが、枕木はコールタールを塗ってあるため長持ちするというメリットがあります。

お問合せ先

大村市河川公園課

住所:〒856-8686大村市玖島1-25

電話:0957-53-4111

よくある質問

お問い合わせ

企画政策部企画政策課計画管理グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:229)

ファクス番号:0957-54-0300