スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > くらしの情報 > ごみ・リサイクル > リサイクル > 家電リサイクル法の概要

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

家電リサイクル法の概要

「家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)」平成13年4月施行に基づき、家電4品目(テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機)および電気冷凍庫、液晶プラズマテレビ、衣類乾燥機の環境センターへの持ち込みができません。

詳しくは、大村市環境センター発行の「ごみ便利帳(保存版)」をご確認ください。

消費者が処理(廃棄)する場合

小売店(家電量販店)に引き取りを依頼し、料金(小売店の収集・運搬料金+リサイクル料金)をお支払いください。

小売店から管理票(家電リサイクル券)が発行されますので保管してください。管理票により、自ら引渡した家電品がきちんとリサイクルされているか確認できます。

小売店(家電販売店)

消費者から家電4品目を引き取り、メーカーの指定引取場所まで運搬してください。

消費者に請求する料金(小売店の収集・運搬料金+リサイクル料金)を公表してください。

消費者が負担する料金

小売店の収集・運搬料金の他に、メーカーのリサイクル料金

  • テレビ2,700円
  • 洗濯機・衣類乾燥機2,400円
  • エアコン3,500円
  • 冷蔵庫および電気冷凍庫4,600円

上記の金額(消費税除く)は代表的なもので、メーカーなどによって異なります。

家電4品目に該当するかどうかは、家庭用の機能が付いているかどうかで判断され、コインランドリー用洗濯機などは該当しません。ただし、事業所で使われていた家庭用と同じ製品は該当します。

小売店から引き取ってもらえない場合

家電量販店にご相談ください。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部環境センター総務グループ

856-0815 大村市森園町1470番地

電話番号:0957-54-3100

ファクス番号:0957-52-8683