ホーム > くらしの情報 > ごみ・リサイクル > 環境センターからのお知らせ > 環境センター焼却炉2炉目の運転再開について

ここから本文です。

更新日:2021年12月22日

環境センター焼却炉2炉目の運転再開について

令和3年4月15日(木曜日)に発生した環境センター火災事故により、全ての焼却炉(3炉)が使用できない状態となっていましたが、2炉目(3号炉)の運転を再開しました。

焼却炉の復旧状況

  • 2号炉:10月5日に運転再開しました
  • 3号炉:12月21日に運転再開しました。
  • 1号炉:令和4年9月中の運転再開を目指し復旧工事を進めています。

燃やせるごみの排出状況

火災事故翌日の4月16日から11月30日までの燃やせるごみの排出量を昨年同時期と比較したところ、全体では1,358トン減少(7.9パーセント減)し、家庭系が266トン減少(2.5パーセント減)、事業系が1,092トン減少(16.7パーセント減)しました。

市民の皆さま、事業所の皆さまのごみ減量化のご協力に感謝申し上げます。

 

令和2年度

(4月16日から11月30日)

令和3年度

(4月16日から11月30日)

比較

増減率

家庭系

10,567トン

10,301トン

266トン減

2.5パーセント減

事業系

6,547トン

5,455トン

1,092トン減

16.7パーセント減

17,114トン

15,756トン

1,358トン減

7.9パーセント減

焼却施設の復旧および可燃ごみ処理にかかる経費(12月22日現在の見込額)

令和4年1月以降の「他市等処理施設での可燃ごみ処理に係る経費」などは、含まれていません。

(1)焼却施設の復旧に係る経費:約9億1,055万円

  • ごみ処理施設火災影響等調査業務委託
  • 2号炉・3号炉復旧工事
  • 1号炉復旧工事

(2)他市等処理施設での可燃ごみ処理に係る経費(見込):約6億8,958万円

  • ごみ処理業務委託(4月分から12月分)
  • 積込み・運搬業務委託(4月分から12月分)

(3)その他経費(見込約)2,606万円

  • 可燃粗大(木くず)など運搬処分業務委託
  • 仮置場(環境センター緑地帯)飛散防止策設置工事
  • ごみ分別業務委託など

(1)+(2)+(3)=約16億2,619万円

市民の皆さま、事業所の皆さまへのお願い

3炉のうち2炉の焼却炉が運転再開し、1日約70トンの焼却処理ができるようになりましたが、まだ約10から20トンは処理ができないため、引き続き他市等などのごみ処理施設で処理を行います。今後も引き続き、ごみの分別、減量にご協力いただきますようお願いします。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部環境センター総務グループ

856-0815 大村市森園町1470番地

電話番号:0957-54-3100

ファクス番号:0957-52-8683