スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2017年7月14日

事業系ごみ

事業系ごみとは

飲食店やスナック、バー、喫茶店、各種事務所、店舗、旅館、ホテル、会社、学校等事業活動によって生じる全てのごみ(「事業系ごみ」と呼びます)のことをいいます。

事業系ごみの処理について

自らの責任において処理することが原則です。

事業系ごみについては有料です

  • 自己処理が原則ですが、許可業者または自ら環境センターへ搬入して処理することができます。
  • 産業廃棄物や、多量の物、種類等によっては処理できない場合がありますので、詳しくは環境センターへ直接お問い合わせください。
  • 事業系の一般廃棄物については、家庭と同様な品物は、資源物としてリサイクルするため、家庭以上の分別が必要です。また、持ち込みする時は、事前連絡および内容物の申告が必要です。
  • 平成16年10月から、少量排出事業者用の「事業系指定ごみ袋」制度を開始しています。市へ「少量排出事業者」として登録した事業者に限り、「事業系指定ごみ袋(1枚大100円、小50円)」を導入し1回の収集日つき2袋を限度に燃やせるごみに限って市が収集します。
    ただし、市が収集するのは、家庭系ごみの収集などに支障がない範囲内にて、適正な排出(事業者名の記入、事業系指定ごみ袋の使用、産業廃棄物が混入されていないなど)に限ります。

料金(一般廃棄物処分手数料)

100キログラムまで

  • 600円

100キログラムを超えた場合

  • 50キログラムまでごとに300円加算
  • ただし、再生資源のみの場合、上記の2分の1の額

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部環境センター総務グループ

856-0815 大村市森園町1470番地

電話番号:0957-54-3100

ファクス番号:0957-52-8683