スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 市政情報 > 大村市紹介 > 施策・計画 > 取組 > 大村市グリーン購入推進方針

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

大村市グリーン購入推進方針

1目的

本方針は、「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」に基づき、大村市における環境に配慮した物品の調達(以下「グリーン購入」という。)を推進し、日常の業務活動から生じる環境負荷の低減を図ることを目的とする。また、市が率先してグリーン購入の推進を図ることにより、市民・事業者のグリーン購入の促進を図るものである。

2基本方針

物品の調達にあたっては、その必要性を考慮し、価格・機能・品質のみならず、環境負荷の低減を考慮したものを選択して購入することとする。調達する製品やサービスごとに、適正な価格・機能・品質を確保しつつ、以下の観点で他の同一製品類と比較して、相対的に環境負荷の少ないものを選択することとする。

時点等

配慮事項

共通事項

  • (1)製造・使用・廃棄などの各段階で、環境への負荷が大きい物質の使用・排出が少ないもの
  • (2)製造・使用・廃棄などの各段階で、有害物質を使用または排出しないもの
  • (3)第三者機関の認定する環境ラベル(エコマーク、グリーンマーク、国際エネルギースタープログラムマークなど)を取得したもの

製造段階

  • (1)再生材料(再生紙、再生プラスチックなど)を使用したもの
  • (2)余材、廃材(間伐材など)を使用したもの
  • (3)再生しやすい材料を使用しているもの

使用段階

  • (1)耐久性が高く、長期使用が可能なもの
  • (2)使用時の資源、またはエネルギーの消費が少ないもの
  • (3)修繕または部品の交換・補充が可能なもの
  • (4)梱包・包装が簡易なもの、または梱包・包装材に環境に配慮した材料を使用したもの

廃棄・リサイクル段階

  • (1)分離・分別、またはリサイクルの工夫がなされていること
  • (2)使用済み製品の回収および再利用または再生利用システムが確立しているもの
  • (3)再使用、または再生利用されない部分については、適正処理されるシステムがあること

3対象とする物品の範囲

環境負荷の低減に資する原材料、部品及び製品(以下「環境物品」という。)のうち、重点的に調達を推進すべき環境物品の種類を特定調達品目として指定し、調達するものとする。(別表のとおり)

4実施の対象機関

市長部局、水道局、教育委員会、各種委員会、議会事務局の出先機関および施設を含む全機関

5調達の目標

特定調達品目については、原則100%の調達を目標とする。特定調達品目以外の環境物品については、基本方針に基づき調達するよう努めるものとする。

6その他環境物品の調達の推進に関する事項

(1)物品などの調達にあたっては、その推進を理由として、調達総量の増加をもたらすことのないように、必要性を考慮し、適正量を調達するものとする。

(2)環境保全課は、定期的に調達実績を調査し、グリーン購入の取り組み状況を把握するものとする。

(3)本方針は、国の基本方針等を考慮しながら、毎年度見直しを行うものとする。

附則

  1. 本方針は、平成15年4月1日から施行する。
  2. 本方針の施行に関し、特定調達品目で在庫がある場合は、在庫品を使用した後に、新たに調達しようとするときから適用する。
  3. 特定調達品目のうち、リース契約などにより残存年限が定められている環境物品については、契約期間等満了後、新たに調達しようとするときから適用する。

よくある質問