スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > くらしの情報 > 環境 > 環境施策 > 大村湾をきれいにする会

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

大村湾をきれいにする会

設立

  • 大村湾の水質および環境保全を図り、大村湾をきれいにすることを目的として昭和47年11月に設立

会員

1県5市5町1漁協4賛助会員

  • 長崎県
  • 長崎市・佐世保市・諫早市・大村市・西海市
  • 長与町・川棚町・東彼杵町・時津町・波佐見町
  • 大村湾海区漁業協同組合長会
  • ハウステンボス株式会社・株式会社十八銀行・株式会社親和銀行・長崎空港ビルディング株式会社

事務局

  • 大村市環境保全課内

活動

大村湾の水質浄化と環境保全のため、次のような活動をしています。

大村湾をきれいにする会総会の開催:5月

大村湾沿岸一斉清掃

会員の各支部や団体などで年間を通じて大村湾沿岸の清掃を行っています。

大村支部においては毎年2回(春・夏)

場所
  • 大村公園周辺
  • 寿古海岸

黒丸沿岸清掃

大村湾をきれいにしようキャンペーン

流域の5市5町でキャンペーンを実施し、大村湾の浄化を呼びかけています。

  • チラシ、水切りネットなどを配付しています。

水切りネット写真ティッシュケース

大村湾浮遊ゴミ除去対策事業

漁協委託による大村湾内の浮遊ゴミの回収・処理業務を行っています。

 

浮遊ゴミ

広告塔の設置

会員の各自治体内において広告塔を設置しています。

広告塔写真

政府要望行動の実施(平成22年度~)

全国的にも稀な二重性の閉鎖性海域である大村湾の環境保全のため、政府や国会議員へ以下のようなことを要望しています。

  • 大村湾を全国の閉鎖性海域対策のモデルとして取り上げること。
  • 貧酸素水塊対策や浅場の造成など、多様な生物の生息の場の保全に着目した先駆的な実証実験を行うこと。
  • 流域の下水処理施設の高度処理化やヘドロの除去等の底質改善に取り組み、財政支援を行うこと。
平成27年度

環境省及び長崎県選出の国会議員へ要望書を提出します。

要望書要望活動

 

全国閉鎖性海域環境保全連絡会

  • 閉鎖性海域の環境保全と適正利用の推進を図り会員相互の連絡協調を行うことを目的とし平成6年に設立
  • 平成26年7月に解散。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部環境保全課環境政策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:142)

ファクス番号:0957-54-0404