スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年3月4日

PM2.5について

ご意見・ご提案

中国大陸から黄砂とともにPM2.5も大量に運んでくるとききます。
部活などで一日外にいる子どもなどに注意を喚起して欲しいです。
私たちの健康のため、どうか真剣に取り組んでください。

受付日:2016年1月4日

回答・対応

貴重なご意見ありがとうございます。
PM2.5については、県内を6地区に区分し、18の測定局で監視を行っています。各測定局の数値が注意喚起を行うための判断基準を超えた際には、県がその測定局が属する地区ごとに注意喚起を行うこととなっています。本市は県央地区に該当しており、長崎市や諫早市と同じ地区です。
判断基準は、午前5時から7時までの値が平均で85マイクログラム/立方メートルを超えた時、または午前5時から正午までの値が平均で80マイクログラム/立方メートルを超えた時であります。
注意喚起の主な内容は、1.不要・不急な外出は避ける、2.屋外での激しい運動はできるだけ減らす、3.外出時はマスクを適切に着用することが望ましい、などを促すものとなっています。
県から注意喚起が行われた場合、市は担当課を通じて迅速に小・中学校や幼稚園、保育園や介護施設、病院等に通知を行う体制を整えています。
現在大村市ホームページ内にPM2.5に関する情報を掲載していますが、今後もホームページや広報おおむらなどでPM2.5に関する正しい情報を周知していく予定です。

お問い合わせ

市民環境部環境保全課環境対策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:144)

ファクス番号:0957-54-0404