スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 市民の声 > 市民の声:ごみ・リサイクル・環境 > 鑑札、迷子札の装着の啓発について

ここから本文です。

更新日:2015年5月7日

鑑札、迷子札の装着の啓発について

ご意見・ご提案

狂犬病予防接種のときなどに、鑑札や迷子札の装着を啓発してもらえませんか。

受付日:2015年3月15日

回答・対応

鑑札・注射済票の装着や飼い犬が迷子になったときの対処法については、以前からパンフレットや広報紙などで啓発を行ってきました。平成27年度から、新しくパンフレットを作成し、登録や転入手続き時に、鑑札・注射済票の首輪への装着に使用できる二重リングとともに犬の飼い主に配布して啓発を行っております。更に、市の広報紙に動物関連の記事を掲載する枠を設けるなど、情報を発信・啓発する予定で、「犬のしつけ方教室」や、各種イベントにおいても動物愛護などについて啓発を行っていきたいと考えています。
また、迷子犬や保護犬については、市役所、保健所、警察署で連携して飼い主が見つかるよう努めており、保健所のホームページでも情報を発信しています。
今後も、人と動物が共生する社会の実現にむけて、より住みやすいまちになるよう努めて参りたいと思います。

お問い合わせ

市民環境部環境保全課環境対策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:144)

ファクス番号:0957-54-0404