スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > くらしの情報 > ペット・動物 > その他動植物 > 野鳥の死骸の取り扱いについて

ここから本文です。

更新日:2018年1月17日

野鳥の死骸の取り扱いについて

全国各地で、高病原性鳥インフルエンザが発生していますが、現在、長崎県内での発生は確認されていません。

野鳥が死亡していることで、直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありませんが、死骸の取り扱いには注意してください。

市や県に連絡が必要な場合

次の条件に該当するようであれば、大村市環境保全課または長崎県自然環境課に連絡してください。

  1. 高病原性鳥インフルエンザにかかる検査優先種(外部サイトへリンク)」に該当する鳥が死亡している。
  2. 野鳥が集団で死亡している。
  3. 野鳥が原因不明のまま連続で死亡している。
連絡先 電話番号
大村市環境保全課 0957-53-4111(内線144)
長崎県自然環境課 095-895-2381

 

 

 

死骸の処分について

上記の1、2、3に該当しない野鳥の死骸については、基本的に高病原性鳥インフルエンザは疑われないため、敷地の所有者が回収し、一般ごみとして廃棄してください。

また、野鳥はさまざまな細菌や寄生虫を持っていることがあるので、死骸回収の際は、素手で直接触れないようにしてください。

万が一、触れてしまった場合は、しっかりと手洗い・うがいをしましょう。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部環境保全課環境対策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:144)

ファクス番号:0957-54-0404