スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > くらしの情報 > 戸籍・住民登録 > 電子証明書(公的個人認証サービス) > 電子証明書の取り扱いの注意事項について

ここから本文です。

更新日:2016年9月30日

電子証明書の取り扱いの注意事項について

住基カードに記録された電子証明書について

住民基本台帳カード(住基カード)に記録された電子証明書の有効期間は、発行日から3年間です。(ただし、電子証明書の発行日から3年を経過するより前に住基カードの有効期限が到来する場合は、住基カードの有効期限までです。)

電子証明書の有効期間満了後は、住基カードに記録された電子証明書は失効します。

(注意)

住基カードに電子証明書を記録する手続は、平成27年12月22日をもって終了いたしました。

住基カードの有効期間内であっても、電子証明書を新たに住基カードに発行することはできません。

電子証明書の発行を希望される場合は、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付申請を行ってください。

マイナンバーカードに記録される電子証明書について

有効期間満了日の3カ月前から電子証明書の更新手続きを行うことができます。更新手数料は200円です。

更新に必要なものは、次の2点です。

  • (1)申請者本人のマイナンバーカード
  • (2)本人確認書類(運転免許証などの、公的機関が発行した顔写真付きの身分証明書)で、住所の記載がある書類ならば、現住所が記載されているもの

また、電子証明書の有効期限内でも、次の条件に該当する場合は、失効します。

  • 電子証明書の失効申請をした場合
  • 戸籍届出や住民異動届などにより、氏名、生年月日、性別、住所のいずれかの情報が変更になった場合の署名用電子証明書

暗証番号の入力誤りによるロックについて

公的個人認証サービスを利用する際、操作中に一定回数(署名用電子証明書は5回、利用者証明用電子証明書は3回連続で暗証番号を誤って入力した場合、ロックされるため、市民課窓口で初期化・再設定が必要になります。

また、暗証番号を忘れてしまった場合も、市民課窓口で初期化・再設定が必要です。

(1)申請者本人のマイナンバーカードと(2)本人確認書類をご用意のうえ、利用者ご本人が市民課へお越しください。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部市民課住民記録グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:100)

ファクス番号:0957-27-3322