ホーム > 市政情報 > 職員採用 > 職員採用情報 > 先輩職員からのメッセージ > 産業振興部農林水産振興課(試験職種:行政)

ここから本文です。

更新日:2019年7月22日

産業振興部農林水産振興課(試験職種:行政)

農水

所属

産業振興部農林水産振興課畜産・水田フル活用グループ

出身地 佐世保市
採用年月日 平成28年4月1日

大村市を志望した理由

佐世保市出身のため、これまで大村市に関わることは少なかったのですが、人口増加やミライon図書館の建設などに表れているように、都市に勢いがあると感じていました。市民に直接関わることが多い市役所職員という立場で、他市出身だからこそ見えてくる長所や逆に課題があると思うので、その考えを市政に反映させて、大村市の発展につなげたいという思いから志望しました。

仕事の内容

担当業務の具体的な内容

私は、農林水産振興課の畜産・水田フル活用グループで、畜産や米、減反作物の振興に係る業務を担当しています。主には、養豚、鶏病、牧場まつり、農業再生協議会の事務局を担当し、家畜の導入や防疫対策に係る補助金の事務、毎年11月に開催される「牧場まつり」の運営、水田への野菜作付に対する交付金の事務を行っています。

大村市職員として働くなかで感じたこと

田植えや削蹄(牛の爪切り)といった現場作業や懇親会などの場面で、農家の方とお話しをする機会が多くあり、農家の方の話をお聞きするのはとても楽しく、また勉強になり、考えさせられる場面が多々あります。大村市の農業は高齢化による担い手不足や耕作放棄地の増加など様々な問題がありますが、農家の方と一緒になって考えて、最終的に課題を解決することができ、「ありがとう」という言葉をいただいたときにはやりがいを感じます。

自慢したい大村市の魅力

私が考える大村市の魅力は豊かな自然と交通インフラの充実です。
四季ごとに表情を変える大村公園や大村市内を一望できる琴平岳スカイパークなど豊かな自然が身近にあります。
また、大村市は空港、高速道路、鉄道が近接しており、近隣自治体と比べて交通インフラが充実し、県内外のみならず海外へのアクセスにも利便性が高く、移動に係るストレスが少ないことも魅力です。令和4年度には新幹線が開通予定など、都市の発展を感じながら働くことができるところも魅力です。

大村市職員を目指す人へのメッセージ

市役所には様々な業務があり、そのすべてが市民の生活に関わるものです。市民と関わりを持つことが多く、市民の多様なニーズを把握する必要があるため、様々な分野の知識を学ぶ必要があります。担当業務ごとに必要な知識も異なってくるため、はじめは戸惑うこともありますが、上司や同僚に助言をいただきながら業務を行い、市民のニーズに応えることができた瞬間は、やりがいを感じます。発展を続ける大村市のさらなる飛躍のために一緒に頑張りましょう。

よくある質問

お問い合わせ

総務部人事課人事管理グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:271)

ファクス番号:0957-52-2232